僕様の徒然なる隠れ家
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

俺旅2019in年度末 乗り尽くせ 一畑電車! 3:デハニ52と2100系のリクライニングシートで一畑口→出雲大社前→雲州平田

2019.3.17(日)
DSCN3243.jpg
一畑電車1000系と一畑口駅を堪能した僕様









ここからはさらなる2100系で一路出雲大社前を目指します
DSCN3244.jpg
この車両も一味違います









2両編成の片側、デハ2103はイベントにも使える特別仕様
DSCN3245.jpg
段差のついたテーブル付きのロングシートは全て宍道湖側を向いています
座席もフカフカで快適です

宍道湖が沿線の見所、その価値を分かっての仕様でしょう









それだけではなく乗務員室直後の座席
DSCN3246.jpg
展望を兼ねたリクライニングシートです









一畑口もあり、この座席にずっといるとくるくると進行方向が変わります
DSCN3247.jpg

DSCN3248.jpg
後ろ展望のまま雲州平田をやり過ごし、終着、出雲大社前まで乗り尽くしました









出雲大社前の改札を出て回り込むと、展示されているデハニ52の見学ができます
DSCN3249.jpg

DSCN3252.jpg
車内は割とスッキリしています








ドアは手動
DSCN3250.jpg
そういう時代です









運転台です
DSCN3251.jpg
実際に入ってハンドルに触る事もできます









さっき乗って来た2100系の折返し発車時間となり、その松江しんじ湖温泉行に乗車します
DSCN3254.jpg
一畑口で見送った1000系が松江しんじ湖温泉から戻ってきて川跡で交換、出雲大社前に向かっていきました

この日、川跡-電鉄出雲市は5000系が区間運転の運用に入っていました









こちらは雲州平田で降車し、構内の様子を見学しました
DSCN3258.jpg
次回は動いているデハニ53の様子などを堪能します


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/03/21(木) 07:00:00|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西の長距離列車 「West Express 銀河」の夜行運用に期待しています!

ginngarogo.png
以前アナウンスされていたJR西日本の117系改造の長距離列車
列車名やさらなる詳細が話題ですね

やはり気になるのは運行時刻
設備からも夜行列車としての運行が可能と思われるものなのでどーしてもその辺に期待が行っちゃいますね






2019年3月 定例社長会見:最近の営業・輸送概況、地震対策の進捗とさらなる取り組み、
新たな長距離列車の列車名・エクステリア・設備愛称名、当社初となる「企業内保育所」

https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/03/page_14034.html

117keiginnga.png

「銀河」やその車体デザインにかつての夜行急行「銀河」のごとく現代のブルトレ復活に期待する向きも多いようです








青地に白帯がやはり現代のブルトレになれそうなデザインです
ginngasokumenn.png
乗降ドアも片側1ドアにして客室スペースを確保しているようです









設備としてもノビノビ座席たる「クシェット」が期待値を高めます
ginngfakushto.png
「クシェット」は本当に「簡易寝台」を意味するんだそうで








今回の報の中で3号車のフリースペース「明星」が夜行列車としての運行の期待値を更に高めました
giigamyoujou.png
というのも

○3号車フリースペース
  夜通しテーブルランプのみを点灯する予定であり、読書やお客様同士の語らいなど、静かにゆったりとお過ごしいただくスペースであることから、「みょうじょう(明星)」としました。



「夜通し」=夜から朝までのこと


コレはもう夜行列車として運行しない訳にはいかないですよね!?

「クシェット」で夜行列車の旅を味わいたいですねぇ♫
(人´∀`).☆.。.:*・゚



今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/03/20(水) 07:21:59|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

俺旅2019in年度末 乗り尽くせ 一畑電車! 2:「しまねっこ号」と1000系で津ノ森→川跡→一畑口

2019.3.17(日)
DSCN3216.jpg
DSCN3222.jpg

一畑電車乗り尽くしの為に松江しんじ湖温泉から2100系「しまねっこ号」で津ノ森まで乗ってきた僕様
「しまねっこ号」の乗車を続けます

津ノ森以外でも交換設備のある駅は多いです










一畑口
DSCN3223.jpg
「ばたでん」の名所の一つ
平面スイッチバック駅です









雲州平田へ向いた先には鼻高山:はなたかせんが聳えます
DSCN3225.jpg

DSCN3226.jpg
雲州平田へ入線です









ここは「ばたでん」の要衝
DSCN3227.jpg
車両区は勿論、本社があります









この日はデハニ50形の「体験運転会」が行われていたようです
DSCN3228.jpg
後でここに立ち寄ることになります









乗車を続けてここも要衝の川跡に到着です
DSCN3229.jpg
電鉄出雲市、出雲大社前、松江しんじ湖温泉からの列車が一同に連絡し、各三方面へ散る連絡駅です









ここで1000系の松江しんじ湖温泉行に乗り換えます
DSCN3233.jpg
元東急の1000系です
中間車の先頭車化が行われたため、めっさ真っ平らな顔の前面です









車内は「往年の東急」な感じではあります
DSCN3231.jpg
コレが結構な新しさを誇ります








乗降ドアは押しボタン式の半自動ドア
DSCN3232.jpg

DSCN3230.jpg
新しいワンマン用設備
東急テクノシステム経由の車両です









シングルアームのダブルパンタ
DSCN3235.jpg
しかもオールステンレスな車体を「ばたでん」カラーに塗装しちゃう辺り、「ばたでんスピリッツ」的な何かが感じられます
そうでなければ僕様も今回の「一畑電車車両乗り尽くし計画」を企画しませんでした









列車は冒頭の一畑口に到着
DSCN3236.jpg

DSCN3237.jpg
余裕を持って乗り換えたい事もあり、列車をここで見送りました








目に付くのは「目玉の親父」です
DSCN3239.jpg
ここは大妖怪漫画家、水木しげる先生縁の地









4歳の氏が御祖母様に連れられて一畑薬師にお参りに行ったとのこと
DSCN3238.jpg
御祖母様が熱心な一畑薬師の信者だったことのほか、一畑薬師と一畑電鉄の変遷が案内されています









ラッチ
DSCN3240.jpg
手袋などは映画「RAILWAYS」を意識した演出でしょうか?









しかし、駅をわざわざ古く見せる造りは雰囲気十分で嫌いじゃないです
DSCN3241.jpg

DSCN3242.jpg
映画のセットでも何でも良いのですが、古い物を後世に伝えるというのは大切なことと考えます
特に鉄道に於いてはこういう事が「鉄道文化」を伝えることになります

こういう事を踏まえて現在の鉄道がある、という事が重要かと








乗り換え列車が直角に曲がってやって来ます
DSCN3243.jpg
「ばたでん」ならではの光景ではないでしょうか?

無論続きます


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/03/20(水) 07:00:00|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺旅2019in年度末 乗り尽くせ 一畑電車! 1:2100系「しまねっこ号」と松江しんじ湖温泉→津ノ森

2019.3.17(日)
DSCN3257.jpg
前日、松江のホテルに宿泊した僕様はこの日、バリエーションの増えた一畑電車の車両をなるべく多く堪能すべく
松江しんじ湖温泉駅を徒歩で目指しました









地図上で見る限りはJR松江-松江しんじ湖温泉って徒歩で行けんじゃね?と見ていました
DSCN3208.jpg
特に宍道湖に掛かっている橋から宍道湖伝いに行けば15分程で…
などと見ていました









実際には自身の方向音痴も手伝って20分程掛かってしまったようです
DSCN3209.jpg
それでも何とか辿り着けたんですが、駅に着いたのが9:50頃
9:47に列車が発車したばかりで、次の発車は10:51と1時間ほど待たされることに









この日の松江は冷えていて、駅の待合スペースにはストーブが置かれていました
DSCN3211.jpg

DSCN3212.jpg
当然と言うか、待ち時間の間に1日フリー乗車券:¥1,500を購入









路線図
DSCN3214.jpg
列車を1本乗り通すと約1時間かかるようです









さてそんな最初の列車は2100系「しまねっこ号」
DSCN3216.jpg
初代京王5000系に営団地下鉄3000系の台車を履かせた物です
京王重機整備で改造したんだとか








車内はまあピンク色です
DSCN3218.jpg
それ以外は大体京王だったかと









乗務員室直後、右手に座席があり、前面展望を確保できます
DSCN3215.jpg

DSCN3219.jpg
こういうのは割と面白いです
乗り心地なども「昔の電車」を味わえます

そういうのが残っているのは貴重だと思います









運転席
DSCN3217.jpg
回転式ツーハンドルマスコンとかもはや懐かしいです

出発、加速、減速時の「ヒュイーン…」という綺麗なモーター音が聴こえますが、どんな仕組みなんでしょう?










元は片側3ドアだったのを2ドアにしています
DSCN3224.jpg
しかも片開き
やっぱ貴重だと思います










出発して間もなく、宍道湖が眺められます
DSCN3220.jpg

DSCN3221.jpg
出発して暫くは結構線形が複雑です
地方のローカル電車に求められる性能が結構シビアなのが分かります









津ノ森で列車交換です
DSCN3222.jpg
形式としては2100系が主力のように見えますが、大差はないと思います


この話、中途半端に長いので次回に続きます


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/03/19(火) 07:00:00|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺旅2019in年度末 ~今夜のお宿は「海」のサンライズで~

2019.3.17(日)
DSCN3294.jpg
・出雲市 18:51発 →山陰.伯備.山陽.東海道本線.東京
4031M 寝台特急 サンライズ出雲号 東京行

今回は下準備と首尾良く、入線してきた列車を捕まえることが出来た









今回の「サンライズ出雲」もソロ上段右側だが、久々に大垣所属の285系3000番台が来た
DSCN3296.jpg

moblog_52f9676a.jpg

DSCN3317.jpg
発車前から3号車のシャワーカード売り場には行列が出来ていたか、
僕様は「出雲駅前温泉 らんぷの湯」で身体を洗い流していたので今回もシャワーは不要だ

最近はこうして個室で寛ぐ時間を多く取っている

出発直後、業務放送で車掌が「電話」に呼ばれていた


宍道を出発したところで検札
〈米子車掌区〉









無論室内は全消灯
DSCN3297.jpg
「いつもの」走行音がブレンドコーヒーと共に気分を盛り上げる

BGMも「いつもの」Beatlesを流す










始発から32分の19:23
DSCN3298.jpg
昨晩の宿泊地、松江で3分停車

松江の「街」を高架で渡る


電化された山陰本線を安定した特急走り
今夜は星月夜

少し欠けている筈の月光が目映く、周囲の小星を消しているかのよう


19:39 何故か数分停車の後、揖屋を発車
ゆっくりと隧道を抜けて特急やくもと擦れ違った後、特急に戻る









安来が近づき、雲が出てきた
DSCN3299.jpg
19:50 安来で浜田行快速 アクアライナーと交換


放送で気付く
「Sleeper Limited Express Sunrise Izumo」










米子で当駅止まりの特急 スーパーまつかぜの回送を見送ったら奥のホームにキハ47の下り列車が佇んでいた
DSCN3300.jpg

DSCN3302.jpg
20時を回った

ミニラウンジはいつでも人気の的のようで、今夜も発車前から満席だった
20:09 に伯耆大山を通過して伯備線に入った
灯の量が減って暫くして、速度を落とした









列車待ち合わせの為、停車するアナウンス
DSCN3303.jpg
20:13 伯耆溝口着
特急やくもが通過
20:17 発車


夜の日野川が沿う
砂利の大粒の川、で良いだろうか?

少し町灯りが増えて、対向に普通列車を待たせて江尾を通過
また暗がりを並行する道路と共に行く



やはり右カーブで先頭車が見える
20時を半も回らない時間で寝に入る人はいないだろう、個室の灯りが見える

沿う川の先にイルミネーションが目立ち、辿り着くと渡した橋の物と分かったとたん、貨物列車が待つ駅を通過
根雨だとは思ったが、確信したのは黒坂の駅標を確認してからだった
中国山地の腹部が雲に喰われていた



右曲線、先頭車、中継白色縦三灯、閉塞青進行、点滅する列車接近灯に目を奪われていたら、車窓が霧がかった

個人的には珍しい事だった









上菅を通過したら20:40を過ぎていたが、隧道を抜けて直ぐに生山
DSCN3304.jpg
20:47 先に待っていた特急やくもと共に生山を発車して、ゆったりと隧道に入った



空は高くなったが霧は晴れず、時折の灯に照らされ、景色を鈍らせている
それでも月明かりが無灯の個室を照らした

横になりながら車窓を楽しむ
レールの継ぎ目の衝撃が車体ごと全身に伝わってくる
寝台特急ならではだ

新郷でEF64貨物色のコンテナ車と交換
21時を回っていた

右曲線で先頭車が見えるというのは模型を眺める感覚に似て愉しい
個室寝台車でチビチビ飲む珈琲も乙だ









布原での交換は対向、特急やくもが延通
DSCN3307.jpg
21:22発車
7分延発のアナウンス

21:28 新見着発



石動を通過して複線になっても霧は晴れず、頭上のそれは益々濃くなった
しかし、月明かりが景色を照らしてくれている

井倉を過ぎて、前の車両が少し暗い
21時も半を回り、寝に入る人が出てきただろうか

再び単線となり、高梁川に変わった霧景色と個室を月光が照らす
これだから個室寝台車は面白い
「幻想」とはこういうものか?










21:56 備中高梁着
DSCN3308.jpg
新見行普通列車と交換
複線を一路、倉敷を目指す


霧が晴れ、星が見えた
「伯備線の速度」がブルトレを思い出させてまた愉しい

高梁川が、黒い
川の景色がモノクロだ
向こう岸のイルミネーションもハッキリ見える

鏡面の建物に車体が映った
川が水鏡になって山の影やイルミネーションを映した


行く先にイルミネーションが目立ち、川が離れ、住宅地の中に入った
総社を通過して22:14を回った









到着アナウンスが流れ、右手から山陽本線が現れ、22:21に倉敷で合流した
DSCN3309.jpg
岡山行の115系は青かった
「東京行」の放送で、昨日東京を出発して、今東京に向かっている事が夢か、おかしな事かと思った

新快速に迫る速度の中、自動放送に先んじて岡山8分延着のアナウンス
新幹線乗り継ぎの案内がなされるが、現実的にどうだろう?

広い貨物駅にかかると自動放送が流れた
留置線に四国2000系を久々に眺めて少し感動


列車は徐行、前方のサンライズ瀬戸への連結に構えて停止
遅延故の運転士の腕の見せ所か、やや力の入った初走
しかし止まって少し長い
二走ゆっくりと、三走で丁寧にキッチリ連結









22:38 の岡山はまだ賑やかだ
DSCN3310.jpg

DSCN3312.jpg
対向に貨物列車が流れ、青い(水色)の115系が向かいに後着

22:41 思ったよりはゆっくり岡山延発
伯備線遅延は線路の安全確認と、交代した車掌が案内

今日の放送が終了した




14両
前に11両とはやはり長い
右曲線の先頭車が遠かった

山陽本線も暫し灯の少ない区間が続く



月光下の贅沢で愉しい時間が続く
贅沢で愉しいのは日常に無いからだ
贅沢という点は鈍行旅も寝台特急も共通している

比較すれば日常が一番つまらないだろう
日常が充実していれば贅沢の必要は無い
日常どころか人生自体が贅沢みたいなものだ
そんな人間が割合で見てどれだけいるだろうか?

正に「一握り」と思うが

だから鉄旅には「区切り」がある
で、また鉄旅に出る

次は鈍行と気動車特急の旅に出たいがどうだろう?
久々に海峡を渡りたいが日数がかかる




23時を回り、前方車両の光がポツポツと鈍い
半数が寝に入ったと見た

寝台特急が贅沢なのだから寝ても起きてても贅沢なのに変わりは無い



上郡を過ぎて、ボタ山が続く
右手から山陽新幹線高架が交錯し、街に入って23:25の相生を通過
また暗がりに戻り、ボタ山の連なりを眺める

稜線がなだらかになり、工業地域を抜けて、「網干」で12系を見た
「今日」が残り30分を切った
住宅も大半が灯を消しているが、集合住宅の常夜灯が月光に勝る



高架で街に入って、山陽新幹線の下スレスレを潜り、22:38 姫路着
いつも通り、いずれ所定のスジに追い付くのだろう

ホームの発車案内が「終了しました」
この列車が姫路からの上り最終列車と分かる

留置線に白地に青帯の特急車両を見た
「らくラクはりま」というやつか


宝殿で上郡行普通列車を見た
下り列車はまだ動いている

東加古川から最高速へ加速をかける
モーターの唸りに反して個室内は微動が良いところ
車両の高性能を窺わせた
足場も良い筈だ

西明石で大阪行普通列車
明石で山陽電鉄の動き









明石海峡大橋を潜る
DSCN3314.jpg
大阪湾の向こうに小さな光が繋がっている
月光を合わせた光量が多くて播磨灘は判別出来なかったが、大阪湾は光に照らされ少し青がかっていた









兵庫で上下の普通列車を抜いて減速
日付が変わっていた
DSCN3315.jpg
神戸でその普通列車に追い付かれる前に加速









DSCN3316.jpg
三ノ宮でもまだ3分遅れていた










多少人が捌けていたので、試しにミニラウンジで過ごしてみた
DSCN3320.jpg
揺れと音がダイレクトに伝わり、個室との違いが面白い
街灯りがあれば夜景も楽しめるので、これも乙
窓がスモークなのも何か納得

公衆道徳の是非は措いといて、アルコールはここでやる方が雰囲気はありそう
…やったが最後、休肝日は完全消滅だ
(ヾノ・∀・`)









0:35 大阪
DSCN3323.jpg
ミニラウンジから退場しようとしたが、大阪からのソロ利用に3人程確認した

こちらも寝に入る事にした






…5:10 「止め」を刺されたような夢を見て寝る気を無くし、気だるく身体を起こすと富士だった
国鉄型の罐の貨物列車が対向を通過して行ったがEF65だっただろうか?


3:10頃、吾妻、刈谷の頃に厠に出たのだが、寝ていたくてこうなった

行く先の空が明るく焼け始めていた
残り2時間を切ってまだここか、という事にこの列車の俊足っぷりが窺えた



5:24 EF210を2両行き違えて沼津
少しづつ帰り支度を整え始めた

遠くのなだらかな稜線は伊豆半島のものの筈だが、標高が然程無いのか、どういうものか分からなかった

三島を通過して5:30を回った
313系電車が働き始めていた









DSCN3324.jpg
そんな山々にかかって隧道が現れ、明かり区間で住宅地を見下ろし、函南から長い丹那隧道に入った

隧道内で減速、抜けて東のE231をかわしてまた隧道を抜ける
徐行して海を覗きながら5:43 熱海着









DSCN3326.jpg
熱海からの断続する隧道の合間に相模湾が見えた
最後の長い隧道が泉越隧道だろうか、単線規格で造られている

湯河原を通過して、相模湾のオーシャンビューがジワジワと始まる
日の出の太陽が直撃してくる









根府川で待機中の185系を流し、下り列車と擦れ違った
DSCN3336.jpg

DSCN3337.jpg

DSCN3338.jpg
早川でオーシャンビュー終了のお知らせ
小田原通過で6時を過ぎていた
後1時間









徐々に高度を上げてくる朝日が眩しい
DSCN3339.jpg

DSCN3340.jpg
列車は暫く貨物線を走る
国府津からまだ少し相模湾が見えた









シーツが捲れて下のマットが見えた
DSCN3342.jpg
出来が良さげなので市販してないかな?、とか思った

大磯とか、6時台で出勤する方々が少なくない
単純に大変だな、と

相模川で離れた対向にE231と行き違う
こちらはまだゆったりと貨物線を行く

茅ヶ崎を過ぎて段階的に渡り線を渡って「本線」に入り、加速した



6:24 「御早う放送」が入った
定刻運転、横浜まで後20分のアナウンス

通勤列車の合間を縫って割とチンタラ走る









右曲線で前方車両を撮影したいが直撃の朝日が邪魔で、安物のデジカメでは如何ともし難い
DSCN3347.jpg

DSCN3349.jpg

DSCN3350.jpg
つーか1年前はこんなに明るかったか?









6:44 横浜着
DSCN3351.jpg
後少し


ちょっと前なら「もう終りかー…」
なんて淋しがったものだが、やりたいことはやれてるし、またやろうと確信しているのでどうという事もない

ただ、今後もちょっと忙しいっぽい









DSCN3352.jpg
「海」の285系は「西」程襤褸は出してない様に思ったが、当然というか、隅に経年が見えた


品川からは試しに撮影してみた









DSCN3354.jpg
7:10 東京着









少し冷える東京を故あってみどりの窓口を求めて散策した
DSCN3358.jpg
東京を改めて眺めたのは何年ぶりだか









DSCN3359.jpg
窓口で英語を流暢に話す係嬢から、意外な所での「現ナマ主義」を突き付けられて旅が終った
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

旅は良かったが、日常と現実は何だかなー…


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/03/18(月) 10:20:19|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR