僕様の徒然なる隠れ家 鉄旅
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

俺旅2019in年始 ~西日本逝こうぜ 4(終):乗り込め出雲市! 寝かせるな個室「ソロ」! to サンライズ出雲!!~

2019.1.7(月)
moblog_8c1c7c03.jpg
今夜のお宿が出発時刻5分前に出雲市駅に入線するのは分かっていたから、早めに買い物と立ち位置を準備した
何かを迷っている場合じゃない












DSC_0244.jpg
・出雲市 18:51発 →山陰.伯備.山陽.東海道本線.東京
4032,5032M 寝台特急 サンライズ出雲号 東京行









僕様が取った塒は「ソロ」上段
DSC_0247.jpg

moblog_fa5f02e4.jpg

moblog_393e88a8.jpg

moblog_74055a44.jpg
「モハネ285-1」
昨年3月にも乗車した車両だ



さっさと短パンに履き替え、宍道に着く前に検札
〈米子車掌区〉









伯備線,備中高梁までは単線区間と複線区間が入り組んでいて、列車交換シーンも少なくない
DSCN2198.jpg
松江でも交換があった


しかし流石の寝台特急
安来から米子を目指す走りは特急そのもの









米子ではキハ47形普通列車とキハ187系特急が滞留していた
DSCN2207.jpg
特急は「回送」で車内灯を落としていた









まだ1時間程度の経過
個室寝台を活かした体勢で寛ぐ
DSCN2208.jpg
こんな事は「グランクラス」にも出来はしない
寝台「ネ」こそ最高格の車両だ



米子から東山公園、伯耆大山を通過して雪が残る伯備線に入る
寝台特急独特の音がまた聴けた

タタタンタタンタタン、タタタンタタンタタン…




伯耆溝口の手前から減速し、隧道に入るとEF64貨物と擦れ違う
日野川が沿った

仰向けになると、上に向かって湾曲した車窓に架線が入る
時折スパーク光が走る

空は窓の四割が雲で埋まっていて星を隠すには十分だった


江尾でEF64貨物、根雨で普通列車、生山に至っては特急やくもを待たせて通過










列車が通った瞬間、中継信号が縦に白三灯から、右上から左下へ白三灯へ変わり、
次の中継信号が真横三灯になって新郷で停車
DSCN2209.jpg

DSCN2211.jpg
EF64貨物と交換したら21時を回った
まだ2時間程度の経過
まだ10時間程残されている


「瀬戸」はまだ高松で今晩の仕事を待っているだろう
東京ではどうだか…









DSCN2213.jpg
元が信号場だった布原では逆に特急やくもを待った

最中、雲が晴れてプラネタリウムが形成された









DSCN2215.jpg
21:26と、新見に延着していた

オリオン座が近かった
足元を高梁川が絡む

幅が広目の高梁川の水面は、向こう岸の道路灯の光を水鏡で映す




夜行列車に酒は不要
夜行列車そのものと夜景が御馳走

今晩のメインディッシュは高梁川と満天のプラネッタだ


「あけぼの」の頃からの寝台特急の夜景を思い出す
これが「寝台特急」だ









DSCN2218.jpg
今日は気取って、微糖珈琲片手にレールのサウンドを愉しむ

漲ってきた
「コレ」を待っていた



寝台特急の車窓はあらゆる景色を最上のものにしてくれる

鉄旅は素晴らしい
寝台特急は最高だ
また何度でもやりたい

焦らず、腐らず、鈍しなければ幾らでも機会はある筈だ


「諦めたらそこで試合終了」だが、特にバスケがしたい訳ではない


歯は入れてはいるが、ロン毛でもなければ3Pシュートも不可能だ
インターハイに出場出来る身分ですら無い

高校時代は「物理コンピュータ部」と称して文化祭ではスーファミゲームに興じていた




石蟹から伯備線の制限速度一杯に加速している事を、ジョイント音の「鳴り」の速さが物語る









DSCN2217.jpg
21:52に備中高梁とダイヤを取り戻しつつある









DSCN2220.jpg
倉敷では115系岡山行を待たせて山陽本線に入る










DSCN2222.jpg
岡山で「S瀬戸」に後付けして22:35発と「スジ」に追い付くまで後僅か



223系の群を流したら網干を通過
285系の走行性能を遺憾無く発揮する










DSCN2224.jpg
姫路で定刻運行に戻った
岡山から約88kmを1時間
こんなにあっさりと時間が過ぎるとは…









DSCN2229.jpg
山陽電鉄線が並び、舞子、明石海峡大橋の下を潜ると、丁度日付が変わった



夜の播磨灘のオーシャンビュー
黒い海面は冷たさと深さを想像すると恐ろしい

瀬戸大橋などでも同じ事を考えるが、その恐ろしさに惹き付けられる










DSCN2232.jpg
0:12の三ノ宮はまだ人がいる
新快速もまだ動いている
空は曇っていた










DSCN2233.jpg
さくら夙川で普通列車を追い抜く


0:33 大阪着
先の三ノ宮と共に上京が可能な上りサンライズの特徴の一つだ

発車がガタガタした

新大阪をゆっくり通過


長岡京-向日町で特急車両がズラリと置かれている様は圧巻
3両編成も数本居たのは面白い

1時を回り京都を低速惰行で通過
…で、寝ることにした

就寝時の僕様は裸がユニフォーム
ファイト一つの財産すら持ち合わせていないのが難点だ







………
………………



…眠れねぇ
(×_×)




珍しく運転が酷い

「引き出し」がビビリ振動みたくガタガタするし、停車のブレーキも矢鱈キツい
下手な客車じゃねぇんだから

流石の仕打ちに堪らず4:40過ぎの静岡で起きてしまった









DSCN2236.jpg
静岡貨物を流して東海管内を巡航速度

空は星が出ていたが、少し町灯りのあるこの辺では地元と変わらず、どうとも言えない
ここから2時間半かからないのか…



路線は高速道路を挟んで駿河湾が見える


いつの間にか内陸部に食い込んだか、5時を回って新蒲原を通過した

富士川で貨物を待たせ、右手の工場域を抜けたら富士川を渡って富士着

静岡から先、県内の各所で下車できるダイヤが組まれている
…早起きさんだが



また工場域に入るが無灯火が多く、低い位置に星が見えた

住宅地に入って暫くすると東田子の浦
普通列車と擦れ違った

レールが増えて広がり、明るい建物を眺めながら沼津着



暗がりの町の三ヵ所程から白煙が上がって「仕事」をしていた
新幹線駅の三島を通過して5時半を回る

寝台…というよりは「サンライズ」か、独特のジョイント音がここでも未だ聴けた



函南から長い丹那隧道に入る

313系普通列車と擦れ違ってから加速をかけるが、隧道内で制動をかけながら隧道が終ると留置されているE231系を流し、
短目の隧道を抜けて徐行









DSCN2237.jpg
5:43 熱海着
長い貨物編成が下って行った



後の道中は横浜のみ

湯河原の町灯りを見下ろす
右へカーブすると14両編成が如何に長いかが分かる


ややして相模湾が見えるようになる
真鶴から湾の空に僅かに赤みが滲む


続く隧道の最中、ほんのり明るめの相模湾を眺めて根府川を通過する

駅には185系が車内灯を点けて待機
続いてE231系普通列車と擦れ違う


湾の向こうの行く先にイルミネーションが光り、早川の海側の留置線に上りE231系が待機
6時を回った


広い小田原で普通列車を横目に通過すると加速をかけた









DSCN2239.jpg
海側の空はハッキリ赤い


酒匂川を渡って鴨宮を眺める
朝イチ出勤の空気を感じた

国府津では貨物線を走る
下り列車とも擦れ違って、ようやっと今日が動き始めたと分かった

こっちは未だ「世間ずれ」している








DSCN2241.jpg

DSCN2240.jpg
陽は出ていないが、明るさが個室を照す程になった









平塚、相模川、茅ヶ崎…
DSCN2242.jpg

DSCN2244.jpg
減速して「本線」に入る


辻堂より手前で加速
通過すると「お早う放送」
6:25









少しずつ降車の支度を始める
DSCN2245.jpg
Wi-Fiルータの充電は降車の支度に入るだろうか?


E259、E217の姿が大船を予感させた
通過したら6時半を回った









DSCN2246.jpg
6:44 横浜着


2M5T×2の編成と重量だからだろうか
1ノッチでは引き出せず、更に「入れ」てガタガタするという悪循環
((((;゜Д゜)))



通勤列車の間を縫うからか、割とチンタラ走る









DSCN2248.jpg
川崎から多摩川を渡る









DSCN2249.jpg
更に速度を落として品川通過









DSCN2253.jpg

DSCN2254.jpg
田町から新幹線とモノレールを見たらラストスパートをかけた









終着手前で徐行
DSCN2255.jpg
見たくない「モノ」を見たら…










7:08 東京着
DSCN2256.jpg








暫し名残を惜しむ
DSCN2258.jpgDSCN2261.jpgDSCN2257.jpg









…タマの事なので上野東京ラインを使ってみる
DSCN2266.jpg

DSCN2269.jpg

DSCN2270.jpg

DSCN2271.jpg
…特に言うことはなかったです


ちょっと前に帰ってきたばかりなのにずっと昔のことだったのかどうか、時間の感覚があやふやになってました
2年半ぶりだったかの3日以上の旅に10ヶ月ぶりのサンライズ

楽しかったです

鉄道が大分つまらなくなった事は事実ですが、まだまだ楽しみ方はある、というのはここ2年程で学んだことで
来月も1泊旅を計画

以降もそこそこの画策をしています
やれることもやりたいこともまだまだありそうです



取り敢えず今旅はここまで
DSCN2273.jpg
ではまた~
(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/01/09(水) 07:04:45|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺旅2019in年始 ~西日本逝こうぜ 3:取り憑け境線! 浸かればたでん! to 出雲市!!~

2019.1.7(月)
DSC_0221.jpg
昨晩のお宿
「ホテル真田」
は¥3,000ポッキリながらもまともなシングルルームで、無料朝食付と大盤振る舞いだった

駅にも近いので今後も気にしていきたい


睡眠に関しては断続的に目が覚め、眠気を残しながらの起床になったが、余裕を持って出発出来た
当該列車は20分前には入線済だった














DSCN2150.jpg
・米子 9:44発 →境線.境港
1641D 普通 境港行









キハ40形は「鬼太郎」+「ねずみ男」の2両編成
moblog_abb3d857.jpg

DSCN2151.jpg

DSCN2153.jpg

DSCN2154.jpg

DSCN2166.jpg
車内外は彼等をあしらった模様で、鬼太郎、目玉、猫娘が車内アナウンスをしている
キャスティングは「目玉」が野沢雅子さんの「現行」のものだろう
こんな形でキハ40が未々活躍してくれるのは嬉しい

早くエヌゲでも手に入れたい1形式だ








言わずもがな、稀代の妖怪漫画家・水木しげる先生が少年時代を過ごした境港市があることから
境線はこの米子駅を含め「鬼太郎」に力を入れている
DSCN2152.jpg
ずらりと並ぶ妖怪たち

妖怪人間の僕様は友達にもなれないのだろうか
疫病神と貧乏神なら悪友なんだが

逆に(?)憑かれた感がある







moblog_19e1ba5d.jpg
久々に2人掛けのクロスシートを見付け、陣取った









DSCN2155.jpg
列車は住宅の間を行くが、最初の見所はやはり 「後藤」だろう









DSCN2161.jpg
遠くに見えるは高尾山か









DSCN2157.jpg

DSCN2156.jpg
弓ヶ浜で「猫娘+目玉」列車と交換

米子「鬼太郎」空港はすっからかん
遠くの山は中海を隔てた枕木山か


終始、細道を行く印象で終着


10:25 境港着









DSCN2167.jpg
先の高尾山が近い

9分で折り返す














DSCN2165.jpg
・境港 10:34発 →境線.米子
1644D 普通 米子行









今度は「鬼太郎」側に着席
DSCN2164.jpg
片道41分の行程









高くない草木に挟まれて行く、良い意味で「地味」なローカル線
DSCN2170.jpg
キハ40と沿線の素朴さが鉄旅の味わいを一層深める









遠方に中国山地が広がる
DSCN2171.jpg
山地の規模は地図上で見ても過ぎる程に大きい

弓ヶ浜でやはり先と同じ列車と交換
住宅の間を行くようになる









DSCN2173.jpg

DSCN2174.jpg
それでもやはりというか、「後藤」は見逃せない









DSCN2175.jpg


11:15 米子着
15分の合間に昼飯を購入












moblog_2810a535.jpg
・米子 11:30発 →山陰本線.出雲市
135D 普通 出雲市行









moblog_3448bb9e.jpg
山陰本線お馴染みのキハ47形2両編成の後位車のボックスが運良く空いてた

架線下DCは電車の様に疾走









安来で早くも腹が減ったので購入した駅弁
moblog_2ffa03d7.jpg

moblog_61ad2c96.jpg
「鳥取牛めし弁当」¥1,080を
意外にもあっさり平らげてしまった


バランス良く旨かった

「捕食動物って何だっけ?」
とか思った

人間だって牛も馬も喰らうのだ
皮肉くらい喰らってみせよう

…鶏皮とか鮭皮とかウマいよな









中海が見えたのは少しだった
先と繋がる水路の方が見易い
DSCN2179.jpg
高架を上がって12:06 松江着
月曜の昼に程好く空いた車内

ここまで来れば宍道湖が期待を裏切らない
湖を眺めながら高架を下りる









DSCN2180.jpg
乃木で列車交換









暫しのレイクビューを愉しむ
DSCN2181.jpg
対岸は島根半島だ

宍道でレイクビュー終了
後でまた見れる









荘原で対向列車を2本待つ
DSCN2183.jpg

DSCN2180.jpg
風が冷たいが、無風なら半袖で過ごせそうだ









DSCN2186.jpg
右手に「ばたでん」が並び、こちらが高架に上がって別れると終着


12:55
出雲市着
ここで18きっぷの旅は終了



ここにも駅近くに温泉があった
いずれヤって夜行で帰りたい











乗り継ぎは敢えてのんぴり構える
moblog_01c122ae.jpg
きっぷやグッズを検討してみたが、目的地の方が良い、と駅係員からアドバイスを頂いた


待合室にはストーブもあるのでのんびりネット
改札は列車発車の10分前から開始












moblog_0706d3dd.jpg
・電鉄出雲市 13:59発 →一畑電車北松江線.川跡
501列車 普通 出雲大社前行









新型車7000系は混雑しなければ程々快適
moblog_02cccc8d.jpg
すぐに乗り換えるが


14:07 川跡着
3分乗換












DSCN2195.jpg
・川跡 14:10発 →一畑電車北松江線.松江しんじ湖温泉
101列車 普通 松江しんじ湖温泉行

2100系は元初代京王5000系
2101編成のカラーリングは一畑電車の「デハ二復刻」









「履き物」は変えているだろうが、ジョイント音と揺れが懐かしく、長閑な田園風景に気分が満たされる
DSCN2191.jpg

DSCN2190.jpg
つまり揺れる揺れる揺れる揺れる揺れる
((((;゜Д゜)))









DSCN2192.jpg
雲州平田は一畑電車大集合









一畑口を前に宍道湖が見える
DSCN2194.jpg
その一畑口で進行方向を逆転

一畑電車からもレイクビューを暫し堪能
日差しが眠気を誘う


14:59 松江しんじ湖温泉
…何か凄っげぇ気絶してた
o(__*)Zzz …Σ(゜Д゜〃)


駅名の通り、ここには「温泉」がある









「まちなか健康銭湯 ちどり湯」
DSC_0237.jpg
シャンプーや石鹸の無い(別売り)銭湯だが、れっきとした「温泉」 ¥300

浸かったら手足の指先に血行が戻ってきた
「憑き物」は憑いたんだか落ちたんだか…

後は休憩スペースで寝れるだけ寝る

……まだ寝るのか
o(__*)Zzz



目覚めたら駅に戻る
改札の時間になって列車に入ったら驚いた













moblog_589a9cbd.jpg
・松江しんじ湖温泉 17:23発 →一畑電車北松江線.電鉄出雲市
330列車 普通 電鉄出雲市行









元京王5000系2両の内、2103側を改造したものだが、貫通路寄りを除く全席が宍道湖を向いて2人掛けづつに仕切り、
「ウリ」である宍道湖を快適に眺められるようにしている
moblog_eb7b526a.jpg
座席はフカフカで快適
テーブルも付いて、いつでも観光列車として充当出来る素晴らしい造り









DSCN2196.jpg
乗務員室寄りの右手に至ってはリクライニングシートという始末


一畑電車にとって何が「ウリ」か分かっている証明だ
車両をわざわざ新製せず、旧型でも改造のアイデア次第でレベルの高い観光列車を仕立て、普通運用もこなす

ケチの付け所がない



一畑口で先の2101編成と交換、進行方向逆転
18時が近く、もう夜の戸張が下りている

道路灯や車灯が黒い車窓を流れる
妻壁に凭れて懐かしい音と揺れに身を任せる









「ばたでん」には様々な車両が在籍している
DSCN2197.jpg
各々を乗り比べ、乗り尽くして一日を潰すのも悪くなさそうだ

益々松江しんじ湖温泉宿泊を実行したくなってきた
詰めても都合三日は必要だな


高架を登って終着


18:20 電鉄出雲市着
乗り継ぎ31分の間に食糧を買い込む



…今夜のお宿?









任せられるのは「ヤツ」しかいねぇ…!
DSC_0243.jpg
今回はここまで…!

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/01/08(火) 16:36:40|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅の終りはサンライズの個室寝台車で






今夜は寝かせねぇぜ…

ヤツの貫禄がそういってるぜ…!






出雲市 18:51発 4032M
寝台特急 サンライズ出雲号 東京行
285系7両第1編成 後藤車
3号車16番 ソロ上段 個室



…最早言葉は不用
( ・`д・´)
moblog_8c1c7c03.jpg
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/01/07(月) 19:19:23|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しんじこをしんじたら温泉と電車が凄い!






松江しんじ湖温泉駅から近い銭湯
「ちどり湯」
はれっきとした松江しんじ湖温泉♪

染みた~






松江しんじ湖温泉 17:23発 330列車 電鉄出雲市行
一畑電車2100系2103編成
宍道湖向き奥手2人掛けシート
進行方向右側


観光列車!?
座席フカフカだぁ~
ヽ(・∀・)ノ
moblog_589a9cbd.jpg
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/01/07(月) 17:25:01|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バタバタバタバタ…






発車10分前から改札開始って割とバタバタしちゃうやんなー?




電鉄出雲市 13:59発 501列車 出雲大社前行
一畑電車7000系2両編成 セミクロスシート



大社に用は無いからこの後川跡で乗り換えないといけないからやっぱりバタバタ…
(´ε`;)
moblog_0706d3dd.jpg
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/01/07(月) 14:21:26|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR