僕様の徒然なる隠れ家 鉄旅
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

俺の鉄旅on墓参り 2(終):「きらきらうえつ」で帰ろう

2019.6.30(日)
酒でKOされたのはいつかなー、というくらいくたばっていた
というか二日酔い

何故全力を尽くしたのか分からないが、そういう体調を押し切って帰路に就く事になった



この時期、NEWDAYSでは「大人の休日倶楽部パス」の提示で買い物がお得になるようだが、
店員に「お持ちではないですか?」と訊かれた

2つの意味で残念ながらそういう歳ではない

ショボくれて老けたオッサンの顔だけでパスが使えるなら是非ともそうしたい










DSCN4749.jpg
・能代 9:01発 →五能線.東能代
522D 普通 東能代行










キハ40形2両編成
DSCN4750.jpg
この形式に乗るのもいつ以来か
エンジン音が甲高く、「西」とはベクトルが違う









DSCN4751.jpg


9:06 東能代着
選択肢が無い割には時間だけはある












DSCN4752.jpg
・東能代 9:27発 →奥羽本線.秋田
636M 普通 秋田行

701系3両編成
オールロングシートながら立たされた
日曜というのはそれなりに違うらしい



鹿渡で雨が降った
予報で俄か雨くらいはあるとは云っていたが、本降りに見える










八郎潟が川のように見える
DSCN4753.jpg
その大概を埋めたようだが、「残り」がまだあった

井川さくらで雨から抜けた
秋田へ向けて増客していく


大久保で列車交換
かつての寝台特急「トワイライトエクスプレス」がここで交換していたのを思い出す


10:26 秋田着
100分以上空きがあり、ゆっくりする

ゆっくりした











DSCN4754.jpg
・秋田 12:08発 →羽越本線.酒田
542M 普通 酒田行

701系2両編成でもスカスカなこの区間
ダイヤもスカスカ









DSCN4755.jpg
時折日本海を眺める









鳥海山は雲に喰われてあまり見えなかった
DSCN4756.jpg
残念

象潟ではスカスカ具合が増し、「C寝台プレイ」がしたくなった









吹浦からアングルが変わったからか、雲が消えて鳥海山の偉容を拝めた
DSCN4758.jpg


13:57 酒田着
ここで2時間以上滞在するには訳がある









DSCN4760.jpg
小雨になった16時に入線してきた「奴」は2月の頃より少し綺麗に手直しされているように見えた













DSCN4761.jpg
・酒田 16:10発 →羽越.白新線.新潟
8872M 快速 きらきらうえつ号 新潟行


485系700番台4両編成は前回乗車した2月の頃とは打って変わって賑わっていて、2号車の売店には行列までできていた
他人の事は云えないが、引退が決まればこの有り様か、と


しかし走り、特に音は往年の国鉄特急そのもの




今回もチケッター2種類とポストカードを頂いた
DSCN4762.jpg
きっぷと共に良い記念

三瀬の頃、曇天が濃くなった



車内は冷えたり蒸れたり、風邪引かないか心配になった










拡大されたシートピッチと窓
かさ上げされた客室
DSCN4770.jpg
日本海、鼠ヶ関、笹川流れ
この列車と羽越本線に見所は多い

先日の地震で被災した家屋の屋根のブルーシートが痛々しい









乗ってみて分かる見所が村上
DSCN4773.jpg
交直流切り替えのデッドセクションで消灯される室内が見られる
その最後の列車になるだろう









DSCN4777.jpg
そういえば意外な事にこの列車、坂町と中条を通過する

少しくたばった


18:30 新潟着
相変わらず長岡行が18:30に発車する鬼ダイヤ

37分待ち

…大雨で乗り継ぎ列車の到着が遅れるという













DSCN4780.jpg
・新潟 19:07発 →信越本線.長岡
456M 普通 長岡行

溜まりに溜まった客でE129系2+4両の座席は埋った

19:26の発車は割と致命的に思える
多分ヤバい
Σ(゜д゜;)










DSCN4781.jpg
客は徐々に減っていく


新津を19:44発
この17分が中々縮まりにくい

北長岡20:32発と15分に縮めた


20:35 長岡着
8分で間に合う









DSCN4782.jpg
・長岡 20:43発 →上越新幹線.高崎
1348C Maxとき348号 東京行

E4系8両編成も燕三条で在来線の遅れを受けて延着









指定席すら品薄だった今日のこの列車
DSCN4783.jpg
1階の自由席で過ごす
どうせ隧道だし

後は兎に角休む


21:37 高崎着
10分無い












DSCN4784.jpg
・高崎 21:46発 →高崎.東北本線.上野
858M 普通 上野行









DSCN4785.jpg
E231系10両編成の最後尾ボックスに着席

能代9時出発ときてこの時間と行程
二日酔いとのダブルパンチで流石に疲れた


倉賀野、新町、神保原…
列車は淡々と各駅をクリアしていくが、車内は徐々に増客していく

籠原で付属編成を増結
割と衝撃
Σ(lliд゜ノ)ノ



世界トップクラスであろうKA★TA★I座席と闘いつつ宮原を出ると23時を過ぎた

大宮から結構な乗車
その大概が赤羽で降車


尾久でE257系2000番台を初めて目にした
尾久にいるとは聞いていた
稼働が楽しみではある


23:32 上野着
間合いはあれど14時間以上でした

東京はまた湿りますなぁ
DSCN4786.jpg
この日はいつもより30分ほど遅く帰りました

既に1週間ほど前に四国でしたし、7月末、8月初旬にも鉄旅プランがあって、地元でも病院や免許の更新と割と忙しくなりそうです

仕事で忙しいよりマシですが、体力的に…


今回の墓参り旅はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/07/01(月) 13:03:32|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きらきらうえつほんせん





キラキラ羽越本戦
…俺は何かと戦っているのだろうか?

まぁ二日酔いと戦っている最中ではあるが

なんで秋田人はあんなに酒に強ぇんだよ…
(ヽ´ω`)








酒田 16:10発 8872M 快速 きらきらうえつ号 新潟行
485系700番台4両編成 新潟車
4号車5番A席 進行方向右側


おー、ヘッドマーク付けてるぞー
( ・д・)


良い音して走ってるぜー
moblog_0b0cef47.jpg
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/06/30(日) 16:18:11|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺の鉄旅on墓参り 1:秋田新幹線→東能代


2019.6.28(金)

東京は蒸した

朝の間に台風みたいな何かはどっかへ行ってくれたようで何より


後は東京まで特段の何かは無いが、東京駅のコンコースは空調が効いて快適だった













moblog_33bec9c0.jpg
・東京 12:20発 →東北新幹線.田沢湖.奥羽本線.秋田
3021B(M) こまち.はやぶさ21号 秋田.新函館北斗行












まず東京12:20は実に70分以上の早起き
「こまち」の全区間乗車は約8年振りで、E6系でとなると「お初」
moblog_d84f2d92.jpg
フル規格車両と違って左右の狭さが無く、前も同様なので、結局在来特急車両が快適性で優る

足場も東海道とは違って悪質ジェットコースターにならず、台車上の席でも快適とはいかないまでも不快ではない











隣席の姉ちゃんが窓側足下のコンセント使ってやがった
moblog_e8276f8b.jpg
何か眼鏡の外見らしいというか、違うというか野暮ったく、背面テーブル出して匂いを放つ食事を始めた

匂いは仕方無いし、食事自体も悪い訳ではないしマナーが悪いとか否定もしないが、コンセント使用法が全部の印象を悪くする

俺が背面、妻壁のコンセントを使ったが、そういう風にすれば良いのに、と思う


仕返しじゃないが、充電コードに構わず思いっきり寛いで気分悪くしてやろうとか思ったが、
姉ちゃんも構わずしれっとスマホを弄っている
…野暮か










20190629090658d98.jpg
上野を出て暫く埼京線と並走していると与野本町手前で大宮に到着のアナウンス
大宮からの乗車も多いと云うが、既にパッと見でも満席のような印象













大宮から275km/h走行
20190629090658108.jpg
東京発車から40分程で小山通過
大宮から14分程だが、体感として割と遠くに感じた

野暮姉ちゃんは寝た










宇都宮を通過する瞬間から320km/hへの加速を始めて関東平野を走り抜ける
20190629090658318.jpg
こうなると駅の通過は正にあっという間で、駅標など読めやしない、読めやしないよ…
クックックッ…
(。-∀-)



下り勾配だろうが、浮遊感がある
上り勾配だと下に押し付けられる









那須塩原から那須野原の向こうに八溝山地が見える
201906290906588f2.jpg
新白河から曇天が濃くなってきた



郡山の駅と盆地と隧道を疾走
阿武隈高地がデカいが、隧道が長い










曇天も下りてきて山を侵食
20190629090658db2.jpg
13:41 福島通過

野暮姉ちゃんは起きてスマホを弄っている




減速と同時に仙台到着のアナウンス
13:51 野暮姉ちゃんも他の多客に混じって降車
コンセントについてはほれ見たことか、と思ったが、終始野暮だった










20190629090658f08.jpg
隣は兄ちゃんに代わり、列車は暫く仙台平野を行く










北上、新花巻、北上盆地の向こうに北上高地が展開
20190629091142fd4.jpg
早池峰山は1900mを誇る
曇天が明けてきた

14:32 盛岡着
仙台と違って降車は少ないが、乗車が少し多い









201906290911429a3.jpg
東北新幹線から左手に別れて田沢湖線に入る










20190629091142ce2.jpg
2000mを誇る岩手山の偉容が雲にグシャグシャに喰われていた



新幹線車両が山路を行ったりする
雫石を過ぎて奥羽山脈に挑み、赤渕から極端に速度を落として登坂する

当たり前だが完全にローカル特急の体である

ただ、これだけ売れているローカル特急も中々無いだろう











名前も分からない川が綺麗
201906290911423d7.jpg
地図上では雄物川に通じている











15:09 奥羽山脈を抜けた田沢湖は晴れていた
20190629091142ff6.jpg
2分の交換待ち
隣がいなけりゃ撮影に出たのにな、と

対向のこまちも立客で溢れる程の盛況ぶり










連続するS字に列車が捻れる
20190629091142ca2.jpg
平地の直線でようやく抑えられていた速度が解放された


角館からまた空が雲で埋り、遠くの山が霞む










右手からの奥羽本線に合流して15:35 大曲着、スイッチバック
割と降りたようだが、17号車はまんじりともしない
20190629091610517.jpg
こまち30号の到着を待っての15:40発車



秋田に向かって左に標準軌、右に狭軌が並ぶ










20190629091610fc5.jpg
ボタ山があったが四国とは違う









20190629091610c48.jpg
隣のレールは三線軌条になっていた
構造上擦れ違いが出来る訳だが、列車は右手を走行している










何処かの駅(峰吉川?)を通過した所で隣のレールは狭軌に戻った
20190629091610688.jpg
緑の平野で加速









20190629091610444.jpg


16:12 秋田着
秋田までの利用は多かった
15分の連絡











20190629091610903.jpg
・秋田 16:27発 →奥羽本線.東能代
675M 普通 青森行

701系3両編成で絞め
時間帯の割には予想以下の乗車率









20190629091919bfd.jpg
ロングシートだしネット


移動し続けているからだろうが、明るかったり暗かったり割と天気の変化が目まぐるしい

WiMAXの電波の入りがどんどん悪くなる…


17:25 東能代着
五能線のキハ40を見たり


今日からの事は両親と一緒に墓参り
で、親は「大人の休日倶楽部パス」

この駅で帰りの指定券を取ろうとしたら、お袋はきっぷを持ってないという「!?」な事態に


お袋はこのきっぷ、フリーきっぷについて理解していなかったようで、自動改札機にきっぷを投入しっ放しで出場

きっぷを取らないと改札機がきっぷを引っ込めるというのは俺も初めて知った


そんなこともあったが、この日は叔母夫婦の家に御世話になりました


2019.6.28(金)はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/06/29(土) 09:02:09|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい汗腺






新幹線出発は早起きを強要されるから嫌いなんだよなぁ
┐(´д`)┌


汗かいちゃうぜ







東京 12:20発 3021B(M) こまち.はやぶさ21号 秋田.新函館北斗行
E6系7両+E5系10両Z11+U23編成
17号車1番A席 進行方向右側



…通路側の奴が足下のコンセント使ってやがる
moblog_7987fe1a.jpg


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/06/28(金) 12:31:20|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

俺の鉄旅2019in誕生月 8(終):素晴らしきかな5032M「サンライズ瀬戸」

2019.6.21(金)
DSCN4684.jpg

列車の入線は20:56なのを確かめたら、高松築港から延びる大通りに面したネットカフェでシャワーを浴びて、
少々の休憩をしたら夜食を買って当該ホームへ向かった










moblog_86fc5ca4.jpg
時間もピッタリで、発車30分前とあっては着替え、個室内を調え、寛ぐまでに時間は充分だった


…上りサンライズ出雲だけが不必要と思える程忙しなく厳しい












moblog_3d95a4be.jpg
・高松 21:26発 →予讃.本四備讃.宇野.山陽.東海道本線.東京
5032M 寝台特急 サンライズ瀬戸号 東京行


今夜は東海、大垣の285系3000番台が来た

ソロ下段に親子利用があるようだ


発車前に検札
〈高松車掌区〉



定発
ノッチを一旦戻して入れ直す
やり方が悪いとガタつくが、四国の腕は確かだ
自慢の快足で幾度と無く通った区間を駆ける








DSCN4641.jpg
室内を消灯し、珈琲で寛ぐ









高架を上がり坂出へ
DSCN4643.jpg
帰宅客がまだ少なくなかった

21:46発と延発した
今旅最後の海越えへ


サンライズは橋を前に減速する









工場群のイルミネーション
DSCN4644.jpg
揚がるのは白煙と揺らぐ炎









漆黒の海
DSCN4646.jpg
冷たいか、深いか









船のポツンとした蛍のような光は静に動く
DSCN4647.jpg
島の影と黒い海面だけの画面になる

窓框に肘を掛け、身を乗り出すと外との境界線が無くなった
今しかない時間を大切に出来た


四国に入ってからは夢中だった
だから楽しかったと振り返り、当然1年後は絶対やる

それ以外も機会があれば冬にでも「グリーン紀行」でもやってみたい

今旅の四国は終ったが、まだサンライズで続きがある
楽しもう









児島からミニラウンジに1つ空きがあったので、暫し寛いで本四備讃線の残りと宇野線を過ごす
DSCN4648.jpg
人様の会話を余所に独りも良い

後ろの通路を車掌が行ったり来たりと忙しそうだ










留置線を跨いで山陽本線と合流
DSCN4650.jpg
22:26 岡山着
後続の「出雲」を待つ
10分程の遅延があるという

22:40に連結 22:43に発車


絨毯になっていない田圃が水鏡になって路灯の光を映す

曇天下
山は只黒い影
23時に熊山を通過した



かつて東京や上野から各方面、南は西鹿児島から北は札幌まで夜行列車が走った

新幹線に淘汰されるように次々と時刻表から姿を消し、残ったのが東海道筋の「サンライズ」と臨時「ムーンライトながら」
というのは、生き残り方としては伝統であるとか、自然だったのだろうか?
(「ながら」も「大垣夜行」だ)


上郡を過ぎて山に靄がかかる


厠ついでにミニラウンジを訪ねると面子が変わっていなかった

気分転換にまた暫し過ごす
「人様の会話」は芸術やら表現やらをテーマに盛り上がっていた
何かの作り手さんだろうか?

23:29に新幹線駅の相生を通過した


岡山以来惰行を感じない
遅延故の力行ではあろうが、常にフルノッチではなかったので、新幹線程ではないにしても「入れて調整」しているのだろうと思える

少なくとも「一定速」ではなかった


高架に入ったと思ったら明るい街に入った









23:43 姫路着
DSCN4652.jpg
ブレーキがややキツかった

新快速区間に入り全速力
モーター音と揺れが大きい
…が、曽根で全力を止めた

「人様の会話」は音楽屋さんらしい



自室に戻り、0:02に西明石を通過した









近畿の見所、播磨灘と明石海峡大橋が近付く
DSCN4654.jpg
瀬戸内に繋がっているだろう海面は黒い

…が、塩屋からは明るく照され、僅かに青みがあった



神戸で減速したのが0:16
ダイヤ上ではその理由が無い









DSCN4655.jpg
金曜を終えた三ノ宮は人が少なくなかった

0:38 大阪に着いたところで横になる
空いていたソロはここで埋ったようだ



2:30を回った所で目が覚めた
見覚えある景色だと思ったら金山を通過して熱田を徐行した
見覚えがあったのは尾頭橋に宿泊したことがあるからだ

列車はグイグイ圧して明るい駅を通過して行く


大府など多少線のあるターミナルには鈍行車両が置かれていた
313系だろうとは思うが


3時を過ぎて高架に入り蒲郡を通過
黒く空いた部分が三河湾だろう









新幹線高架が平行
3:16 豊橋に運転停車
DSCN4657.jpg
311系を見たのは久々だと思う
近くても今年の1月か3月以来だ


幾度と無く貨物列車と擦れ違う
夜の主役は完全に彼等のものだがサンライズは今日も健在だ

流れが無いので気付かなかったが、窓が濡れていた
平行していた新幹線はいつの間にか消えていた



黒い海面は遠州灘に面していた
幅の広い弁天島で貨物と擦れ違い3:30を回った









新幹線が並んだかと思ったら浜松に運転停車 3:43
DSCN4658.jpg
N700がいた


また横になって寝る
これは良い

寝台特急なんだから寝ないと勿体無い
けど寝るのも勿体無い
寝たい時に寝て、覚めたら起きれば良いだけだ









目覚めて5時を過ぎた
DSCN4660.jpg
影の富士山が進行方向右側から左へ流れて富士
5:10発着
スジは戻っていた

東田子の浦に「キヤ」がいた
列車は割とゆっくり進む

函南で「撮り」がいた









熱海から隧道を抜けると雨が窓を叩いた
DSCN4665.jpg
相模湾が歪んだ
なぁんか最後は雨にヤられるなぁ…









DSCN4668.jpg
小田原から貨物線を疾走
程無く緩めて惰行で流す


茅ヶ崎から段階的に渡り線を渡って上り本線に入った所でおはよう放送

横浜まで後20分
ノビノビ座席の通路側を明るくする旨が案内された

雨を抜けた









DSCN4669.jpg
6:44 横浜に485系「宴」がいた









DSCN4675.jpg
京急と競争して当然のように負ける









帰り支度をゆっくり始める
DSCN4676.jpg
やはりソロ上段は階段で立てるし、荷物棚もあって便利だ









DSCN4677.jpg
田町に埼京線のE233系がいた









いつもの東京の、「サンライズ」からの景色が流れる
DSCN4678.jpg

DSCN4679.jpg

DSCN4682.jpg
最後に嫌なモノを見て終着







DSCN4683.jpg


7:08 東京着

四国は徳島以外が割と蒸した
東京は徳島寄りと思えた

人と空気は断然徳島、四国だ

東京は気分と一緒に顔までショボくれちまったい


ここまで付き合ってくれた諸兄諸氏にさんきゅ

四国バースデイはここまで!









「無駄撃ち」が過ぎて流石にコレは訳わかんねえ
DSCN4687.jpg
ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/06/23(日) 10:40:05|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR