僕様の徒然なる隠れ家 鉄道を考える
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ …だった筈が、Nゲージ主体になってきちゃった気がします…

「ムーンライトながら」廃止で考えるコロナ禍の夜行列車の事 3:「開放B寝台」の価値を見直しては?

moblog_fe53fe5d.jpg
採算度外視の「ムーンライト」が廃止となり、ここまでとはいかなくても、リーズナブルで快適な夜行列車ができないものか?

「密」を回避するという点からも、その価値を見直すべき列車、設備があると考えます








「取り敢えず締め」の今回はコチラ
moblog_06727bb9.jpg
…「あけぼの」でも「ブルートレイン」でも構いませんよ?

といっても、俺でもお高いとは思う「寝台特急」と言いたい訳ではなくてですね…








え? やっぱり寝台?
moblog_15b6c143.jpg
いやいや、シーツも枕も毛布も無いでしょ?









そう、今や懐かしになってしまいました
moblog_8e6a96e8.jpg
「ゴロンとシート」です!

乗車券の他は特急券のみ=座席扱いでベッドを利用できる設備です

最近ではサンライズの「ノビノビ座席」か「WESTEXPRESS銀河」の「クシェット」といった所でしょうか








しかし注目したいのは、元々の開放B寝台のこの構造
moblog_226bbef1.jpg
1人当たりの占有スペースを考えればソーシャルディスタンスの確保は容易で、空調で換気も効きます


車両については客車である必要はなく、WESTEXPRESS銀河みたく既存の車両を改造していただければ新車でやるよりかは
コストも抑えられると思うのです








「ムーンライト」とは云わないまでも、リーズナブルな「目玉商品」的な列車がコンセプトなのでペイできるか否かは措いときます
moblog_13900b04.jpg
それでも「客単価は上げたいなー」なんて場合は、「ゴロンと料金」を双方が納得できる価格設定で上乗せしていただければ、と
ユーザー側としては¥500以上はイメージ的にもキツいです、多分

「リーズナブル」ですから…








で、その「リーズナブル」とは対極というか、贅沢志向の方々にはやっぱり個室寝台車ですね
moblog_9b411f40.jpg

SA3A0585001.jpg
それらがセットになった列車があれば快適性、利便性、経済性のバランスが取れた列車になるんじゃないでしょうか

話題性も付いてきて鉄道への注目も集まり、新たな需要が開拓できるかと


実際「WESTEXPRESS銀河」は2021年現在の扱いは兎も角、その発表から常に注目を集めています

そういった列車、出してくれないかなぁ…
とか考えて(=妄想して)みました



今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2021/02/12(金) 10:00:00|
  2. 鉄道を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ムーンライトながら」廃止で考えるコロナ禍の夜行列車の事 2:「急行」の価値を見直しては?

moblog_3e09e915.jpg
満席売りが出来なくなった「ムーンライト」
そうなると、ただでさえ乗車券が「青春18きっぷ」の客ばかりでは採算度外視の「目玉」にもできなくなり、廃止は已む無し



しかし、故・種村直樹先生を始め、多くの方々が(ニュアンス的に)
「経済力の低い若者には『青春18きっぷ』などで鉄道の旅に触れ、楽しみ、親しみを持ってもらって、
経済力が付いた頃にブルトレなどの憧れの列車に乗ってもらえるユーザーになってもらう
そういう施策を行うべき」

とあり、自分も同感です

(しかし、今や「憧れ」の列車自体がほぼほぼ皆無なのではありますが…)









しかし「ムーンライト」などの「青春18きっぷ」で乗れる夜行列車は最早【✕】が付き、極端なエコノミー列車は望めない
moblog_9b411f40.jpg
かといって、現存するサンライズは運賃だけでもアレなのに特急、寝台料金も…
となると当然経済力の低い方々には無理で、そうなると「青春18きっぷ」程でないにしても、
エコノミーな夜行列車はもう無理なのでしょうか?









そこで、あえてこの現代でその価値を見直すべきと考える列車があります
moblog_fc4d47bf.jpg
…別に「はまなす」と言いたい訳じゃないですが、別に「はまなす」でも良いんですが、それはそれでいいとして(?)









「急行」です
moblog_d4064551.jpg

moblog_c5d8866f.jpg
コレなら客単価は「青春18きっぷ」より上がるし、利用する方も運賃にチョイ足し程度の出費で利用が可能

取り敢えずまだ2021年の発表がない北海道&東日本パス」の事は措いといて、
売り方一つで会社、利用者の双方が妥協できる列車が望めるのではないでしょうか?








やはり「はまなす」が良い例になってしまいますが、座敷席であればソーシャルディスタンスなんかも確保できます
20150201072058bc2.jpg
普通に座席でも良いとは思いますし、双方に納得の行く、バランスの取れた列車が望めると考えます







設備の種類は、料金に差を付けても良いから、カーペットなど、そこそこあった方が良いとは思います
NM02_8_big.jpg
「ファーストクラスの客のおかげでエコノミー席が成立する」と言いたい訳では無いですが、寝台で増収を狙うのも悪くないです

ただし開放式の場合ですが、従前の料金設定には少々不満があるので、新たに価格設定は必要でしょう


で、夜行急行を降りた後は『青春18きっぷ」の旅へ、という感じ、イメージです
まあ、間違いなく個人の妄想でしか無いんですが、今一度「急行」、どうでしょう?


後もう1回だけここでくっちゃべりたいと思います


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2021/02/11(木) 10:00:00|
  2. 鉄道を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ムーンライトながら」廃止で考えるコロナ禍の夜行列車の事 1

SA3A0499_20130412223825.jpg
JR東海から夜行快速「ムーンライトながら」廃止の正式発表があって沸きましたね

まだ予熱を感じまして、ちょっと思う所、考えたことをチラホラ書いていこうと思います







正式発表に関しては「今更?」というタイミングと思いでした
SA3A13511953313870.jpg
2020年にコロナ禍がパンデミって、「密」が言われるようになって、まずGWのスカスカっぷり

そのスカスカっぷりを継続するようにお盆もスッカスカ

帰省シーズンといえば名物か風物詩の「満席でも立ってでも新幹線に乗って帰る」という光景が無くなりました
「密」の観点から考えれば当然の事でしょう

通勤ラッシュと同じく、新幹線の「大量詰め込み主義」が否定され、通用しなくなったわけです









皮肉と言えば皮肉
SA3A0666_20130412215642.jpg
「満席売り」が前提の「ムーンライトながら」もそれに当たり、それが出来ない、というのは当然の帰結でしょう

俺も満席ギュウギュウの列車はなるべくなら勘弁です


「夜行は面倒」という鉄道会社の悪意で消されるわけではないと思うので、「致し方なし」という納得の仕方です

かといって、廃止そのものが別に良いとは思っていませんし、利便性と選択肢が失われ、至極残念なのです
夜行列車自体はその利便性も含めて俺は大好きでしたから…


それならそれで考えてほしい事とか、夜行列車そのものにおける代替案みたいなものがあっても良いんじゃないのか?
過去からその価値といったものを見直すべき点というのがあるだろう?
ってなことを考え、次回以降、ちょいちょい書けていければなー、とか考えています









と言っても、究極はコレだと思うんですけどね
DSC09867.jpg
「個室寝台」

空調装置で換気は効くし、「個室」という決定的な仕切りで他人との接触回避

コレに何か文句が??w


こんな事を書いていると、次に何を書くかバレちゃいますかねw?



今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2021/02/10(水) 10:00:00|
  2. 鉄道を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感染症対策で考えたこれからの車両 「通勤車両はもうロングシートでなくても良くね?」 編

202006301902304e9.jpg
新型コロナウイルスによってこれまでの常識や考え方が変わってきました

首都圏の鉄道の通勤用の車両も、これまでのような大量詰め込み式のロングシートは「No」と言えるでしょう
かつてあった座席折りたたみの「6ドア」車などその極みで、それよりは「少々乗るけど感染症対策になり得る車両」の形が
求められるのではないか?

じゃあどんなんだったら良いのか?
勝手に考えてみました


まずは座席
「密」になりにくい座席の形状、配置を考えてみました







まずは首都圏でも転換式クロスシートで良いかと
20200630190230b9e.jpg
向かい合わず、ずらりと横並びで密着するでもなく着席できる形状はコレかな、と

スペース確保の為と、必ずしも1人での移動でないことを考慮すると、2×1列がベターと思います
車端部はロングシートでも問題ないと思います

編成の長さはその地域ごとで、やはり「密」を避けるためにできるだけ長い方が安全でしょう


無論というか、以前の寿司詰めはおろか、朝の西の新快速程の混雑にならないことを前提としています
(例として223系新快速が立客無し、満席程度の乗車率)








また、座席の背ズリの高さを「土佐くろしお鉄道」の9640形並みの高さにして、座席間のパーテーション的な役割を狙います
2020070220040749d.jpg
多少の圧迫感を少しでも和らげ、対人距離もそれなりに欲しいので、シートピッチは930mm以上あるとありがたいですね










乗降ドアは、前提としている乗車率を考慮すれば、20m車なら片側3箇所でも定時運行は問題無いと考えます
20200701204930eed.jpg
京急の2100形は18m級で2ドアなのも参考にしたいですね
(但しシートピッチは拡大したい)








そして座席と乗降ドアの間には背の高いパーテーション
202004080808332e7.jpg
ここまでだけでも結構ゴチャゴチャした感じにはなっちゃってますが「対策」の現れという事でどうかひとつ

もっと良い形はあると思うんですが、自分の脳みそではこの辺が限界です








今後鉄道を利用する際に考えるべき事があると思います
202004061419441c0.jpg
①混雑している列車に乗りたいかどうか

②今までのようにロングシートで他人と肩を合わせてまで着席したいかどうか



①は個人の判断の他、勤め先の上司、もしくは会社そのものが考慮して勤務時間帯をずらすとか、テレワーク導入できるかどうか
できない時点でその企業には「?」が付くのではないでしょうか
(但し、自分もそうですが現場業、肉体労働の方々については逆に難しい課題かもしれません)


②こそ個人の判断ですね
俺自身は①②とも勘弁してくれって感じです

そもそも普段から嫌なのでこれからの生活では更に勘弁してくれって感じです




繰り返しますが、ロングシート車に寿司詰めはもうありえないと思います
実際、今日のロングシート車では1席ずつ空けて着席するスタイルが当たり前になってきて、
これまでの「効率重視」は通用しなくなっています

車両についてもこれまでの「物理的な安全」の他、
「衛生的な安全」がより強く求められていく時代になっていくのではないでしょうか

そんな事からこれからの新車について考えて(妄想して)みました


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2020/07/19(日) 10:00:00|
  2. 鉄道を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

感染症対策で考えたこれからの車両 ロングシートの通勤型 編

DSC_0444.jpg
パンデミックから今日まで、考え方や常識が変わったと云われて結構経ち、それに慣れてきた感もある最近です

既に現象として現れている部分もありますが、鉄道の考え方もこれからハッキリと変わっていくだろうというのは
誰の目にも明らかでしょう

個人的にもちょっと考えてみました






まずは通勤型
DSC_0423.jpg
以前程でないにしろ、朝晩の混雑は気になっている方々も少なくないでしょう

…というかテレワークの有効性は証明されたと思うのですが、それでも従来の形に戻しちゃったところもあるようですが、
どうなってんすか??


なのでこれからの車両は新幹線と同じく、凶悪な大量詰め込み式を前提とした設計は「NO」でしょう

しかし今更既存の車両や造っちゃった新型をザックリ改造しちゃうというのはコストの面などからも現実的ではありません

1人あたりの座席幅を拡大した所で、ロングシートの座席間にパーテーションを設置するというのも無理があります

そもそも東京周辺の場合、20m級の車両であれば片側4ドア、最大7人がけという座席の作りであれば混み方次第ですが、
据え置きでも良いかな?くらいには思いました











まあそういった事も踏まえて、構造で乗降ドアとの間には一応のパーテーションはある訳で
DSC_0424.jpg
最近はこういう物な訳ですが、感染症対策としてはもうちょっと大きいと良いかな?
とか









例えば磐越西線のE721系の快速「あいづ」の指定席のような大型の
moblog_04490533.jpg
手前のキモいオッサンの顔はスルーしていただけると助かります、俺が









西の「Aシート」なんかも同じですね
20200107200710bb5.jpg
以前の「寿司詰め」にならず、そこそこ車内の空間に余裕のある乗車率であれば乗降の邪魔にもなり難いと思います

なのでここで考えたロングシート、通勤型の車両は7人(以下)掛けのロングシートと、
乗降ドアの間に大型のパーテーション設置といったところです

コレはあくまでロングシートの場合です
エリアを問わず、これからのより良い通勤用の車両の形はあると思います
何せ今までの常識や考え方が変わっている訳ですから


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ 鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2020/07/17(金) 10:00:00|
  2. 鉄道を考える
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR