僕様の徒然なる隠れ家 2012年03月
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

俺旅2012in平成23年度末~ザ・観光~ 4:去らば四国、最後の観光 編






寒い

もし予定通りに朝一で観光地に出向いてたらどうなっていたか…

こんな寒さの中、3時間弱もいらんないぞ…



・JR土讃線
高知 7:03発 222D 普通 土佐山田行
1000形気動車2両編成 高知車
後位車2人掛けセミクロスシート着席
進行方向右側

誰も来れないので好き好き大好き


この列車、普通列車でありながら(一部通過)と案内が

事実、通過しており、走りは最早快速
つか〈快速〉で良いじゃん


朝焼けの中を土佐一宮.土佐大津.後免.土佐山田(!)と停車していく

…本当に快速で良くね?


7:25 土佐山田定着
何という区間快速運転…



・JR土讃線
土佐山田 7:26発 4226D
ワンマン普通 阿波池田行
キハ32単機 高知車 オールロングシート

…車両はまぁ仕方が無い

山腹を突き抜ける本格ローカル線にしか見えん景色
大雨とか喰らったら真っ先に運休するし

それだけに絶景に事欠かない
まるで〈四国登山鉄道〉だな
速度とかも


眼下の段々畑に霜が立っていた


この列車は新改に停まらない
その新改にキハ32(多分)が収まっていた
次に四国やるなら新改だな


7:46 繁藤で特急通過待ち
7:53 発車

8:01 土佐北川
例の鉄橋にホームがある駅


山、木々、段々畑、緑の映える渓流、中腹に張り付く民家
ちょっとした秘境を行く


8:38 大歩危
手前に橋の跡
駅の真上に大橋とかあるからそんなか

上下特急待ち合わせ
駅の遊歩道を歩く
山、川、絶景絶景…

然しやはり寒い
朝一でないのはとりあえず正解

8:55 発車


川向こう
切り立った上に観光施設?
「ラピス大歩危」

小歩危でも列車交換
向こうは1000形
羨ましい…


9:21 三縄 みなわ 370
懐かしい響きだ…w

列車待ち合わせ
9:30 1分延発


9:34 阿波池田定着

次の列車迄1時間
観光案内を見てみると、聞き覚えのあるモノが

のこのこ徒歩徒歩
おー、あったあった
「うだつの家」
何とも時代劇みたく雰囲気あるやつ!

あの、「うだつがあがらない」の「うだつ」

元々は火事が燃え広がらない様にする仕掛けだったのが、出世具合をしめすモノになったとか

立派に出世した人程コレが立派なんだとか
確かに立派なモノ程家全体が立派に見える

まさか阿波池田にあったとは
はー眼福眼福




さて、四国最後の観光地へ向かうぜ


・JR土讃線
阿波池田 10:37発 4234D
ワンマン普通 琴平行
1000形気動車単機 高知車
セミクロスシート着席 進行方向右側

そこそこ空いてる
もうコレで終点迄乗り通したいわ

箸蔵を出るとトンネル多いのは知ってたので、空いてるのを良いことにロングシートに横たわる
気分はブルマン式寝台で快適である


10:52 坪尻着
先客が1人

繋がる道路など無く、山道が近くと踏切向こうに1本ずつ
ここ歩いてったら死ぬ、という位細くて危ない

踏切向こうの山道を少しだけ歩いて襤褸小屋の脇を抜けると木々の向こうに川
秘境の絶景見応え抜群

陽は差しているので、風がなければ快適
吹いたら寒い…

良い所だ
風と草と鳥の鳴き声と水とかなり頭上遠くの道路を行く車の音しかしない静寂っぷり

自然一杯を堪能しよう

駅には列車の通過時刻も書いてあって狙い撃ちも可能だ

駅舎も古く、電子機器を取り除けば雰囲気は開業当時のままの姿とも思える位古い
(実際はシーサスクロッシングをなくしたんだっけ?)


ホームを練り歩いてったらコンコン…と木を叩く様な音が

上を見回してみると、鳥が木をつついている
啄木鳥ってあんなだったっけか?
啄木鳥でなくてもつつくんだっけか?

川の絶景といい、ホトトギスの法華経といい坪尻の自然を満喫である


待合室にも坪尻駅の資料が貼られていて、今現在、開業当時は盛況だったこの駅はただ一人の為の駅だとか

そんな駅が多くの方々に愛でられる様になろうとはw



列車も来たし、そろそろ行くか
坪尻堪能した!



・JR土讃線
坪尻 12:33発 4241D
ワンマン普通 阿波池田行
1000形気動車単機 高知車

セミクロスシート一杯
ロングシートに着席
寝こける


12:48 阿波池田定着
昼飯にしよう

手打ちうどん「一福亭」
昔ここで喰った釜あげうどんが旨かった

今日は「お好み定食」
トンカツ.ライス.湯だめうどん(謂わば釜あげうどん)にコーヒーも付いて
¥600

トンカツサクサク
手打ちのうどんが旨い


じゃあ旅を再開
旨いモノにリスクは付き物



・JR土讃線
阿波池田 13:35発 4242D
ワンマン普通 多度津行
1000形気動車単機
セミクロスシート満席
ロングシート着席orz

コイツラ全員多度津迄乗り通しそう…


14:30 琴平で寧ろ増客 立ち客まででた


14:44 多度津定着
ちょっと時間有るけどやる事無い

…と思ったら14:49に入線

!
ホーム向こうにフリーゲージトレインが!



・JR予讃線
多度津 15:02発 144M
快速 サンポート 高松行
121系2両編成 高松車
前位車セミクロスシート着席
進行方向右側
そういえばサンポートは初めてだ


座れた座れた

…と思ったら僕様のボックスに老グループぎゅーぎゅー
どうやら坂出でマリンライナーを捕まえるらしい
それが岡山への最短ルートではあるし、僕様も考えはした


その坂出を出ると快速走り
国鉄型も全然元気だ

陽が微かに色付く
もうすぐ四国も終りだ

今回はとかく時間が経つのが早かった
もう4日目も終りが見えて
松山で温泉入ったのが昨日だったなどと嘘の様だ


15:34 高松定着
6分で乗換



・JR予讃.本四備讃.宇野線
高松 15:40発 3144M
快速 マリンライナー44号 岡山行
223系2両+5000系3両 P6+M2編成
5号車10番A席 転換式クロスシート
進行方向右側

四国のラストランナー(T_T)
始発駅からなら何とか取れると踏んでいた

この座席
優先ボックス席を挟んで運転席に近い
フロントガラスが広めなので前面展望も少しだけ楽しめる


右手に車両区
先も見たが

続いて高松貨物ターミナル
壮観


121系の時より「剛速」の印象
勢い良く各駅を通過
気分は特急に近い


15:54 坂出
立ち客まででた増客

此処から宇多津短絡線を通って本四備讃線へ

瀬戸大橋
最早何を語ろうものか
海の青さ橋の高さ
島々の美しさ


16:09 児島
乗務員交替
さよなら四国
こんにちは隣席


スラブで高架でガッチリ造られた路線
まるで新幹線を思わせる


16:18 茶屋町から宇野線へ


16:34 岡山定着

そそくさ移動するも、列車は無いものの、待ち人一杯
こりゃ無理だ



・JR山陽本線
岡山 16:44発 1326M 普通 姫路行
115系3+3両D09+D02編成 岡山車
先頭車に立つに決まっていた

4両だとばかり思っていた


17:08 万富発車後にD02側2両目3番A席 進行方向右側げっちん
戸袋窓上等

115系が全力出すと揺れる揺れる…


17:58 網干
手前に網干工場
大分襤褸目のクモヤ145がいた

列車案内板
対向の新快速が遅れ7分らしい


18:09 姫路定着
2分乗換
…既に千客万来?



・JR山陽.東海道本線
姫路 18:11発 3516M 新快速 野洲行
223系4+8両V1+W13編成 網干車
12号車4番A席 転換式クロスシート
進行方向右側

探してみるものだ
1000番台はトイレが和式だったのか?
モケットが225系のヤツだ
窓側に肘掛けが
車端のボックススペースには小型テーブルだ

18:31 西明石
大分薄暗い
そういえば帰宅ラッシュの時間帯か?

列車はモーターを唸らせてビビる位速い
カーブすると若干体が引っ張られる
今更ながら新快速のサービスはすげえなぁとか思った

特急以上のダイヤ
転換式クロスシート採用
窓キセもある

東日本だったら金取られそうなサービスだ


明石海峡大橋の上辺釣アーチがイルミネーション

18:47 神戸から東海道本線へ
今後を鑑み寝倒す事に閣議決定

19:14 大阪のドヤドヤパゥワーに起こされる

19:39 長岡京手前で225系普通列車を223系新快速が抜く


2015 野洲定着
姫路から丸々2時間
近いんだか遠いんだか速いんだか…


野洲と言えば駅前の風呂が前々から気になっていた
今日こそひとっ風呂浴びて今夜のお宿に備えるぞ…

…見当たらない
こういう時僕様は方向音痴だからなぁ…
携帯携帯…

「閉館しました」
…すげえ気持ち良く更地になってました

一寸途方に暮れた(-.-;)

…やる事無えなら行くしかねえ



・JR東海道本線
野洲 20:46発 818T 普通 米原行
223系4+8両V50+W35編成 車
9号車2番A席 転換式クロスシート
進行方向右側

…仕事もしてねえのに右手薬指が割れた
…痛ぇ…(-.-;)


223系の普通列車は余り経験無いのだが、滑る様な走りと性能に違わぬ速度
今更ながら西はレベルが高い


21:21 米原定着
当該列車は入線済



・JR東海道本線
米原 21:29発 248F 普通 大垣行
117系4+4両S12+S2編成 大垣車
2両目7番A席 転換式クロスシート
進行方向右側


117だ

21:27着の新快速の延着待ち
2分程延発

眠い.疲れた.指が割れた.シャワーも浴びれねえのか
という四重苦を珍しく喰らっている

「野洲事件」は痛い

然し117系は快適だ

↓22:06 大垣4分延着

サークルKが改札直ぐの階段麓に出来ていた
便利なんだろうが、同類の皆様で買い占めに近い状態に

昔からあった方のコンビニも健在
こっちはちょいガラガラ


当該列車は発車5分前の入線予定
喫茶店一つなく(閉店)最早待つのみ


という訳で今夜のお宿



・JR東海道本線
大垣 22:49発 9390M 臨時夜行快速
ムーンライトながら 東京行
189系国鉄型特急用車両
10号車9番D席 進行方向左側


…で東京に帰るかどうか…



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2012/03/27(火) 22:57:16|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわいけだの昼飯






阿波池田


手打ちうどん「一福亭」
・お好み定食
トンカツ.ライス.湯だめうどん(謂わば釜あげ)コーヒーも付いて
¥600

旨い


ここはうだつの上がった町でもあるのだ



阿波池田 13:35発 4242D
ワンマン普通 多度津行
1000形気動車単機 高知車

セミクロスシート満席
ロングシート着席…orz


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2012/03/27(火) 13:33:12|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四国最後の観光地






坪尻
次の列車まで90分以上待つ

…誰が使ってんだろ?


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2012/03/27(火) 11:18:23|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高ォ知






高知 7:03発 222D 普通 土佐山田行
1000形気動車2両編成 高知車
後位車2人掛けセミクロスシート


寒い!
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2012/03/27(火) 07:05:10|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺旅2012in平成23年度末~ザ・観光~ 3:いで湯(駅前温泉)とグルメ(駅弁)と札所参拝(只の自撮り)






朝はまだ真っ暗
冬そのものの様な寒さだ

駅も然程人気を感じられない



・JR予讃線
高松 4:53発 103M 普通松山行
7000系2両編成
後位車セミクロスシート着席
進行方向右側

セミクロスシートとロングシート半々
トイレ無し(アナウンスもされた)
先頭車が車端車
後位車が単行で行ける編成

車体構造が211系を箱形かつワンマンでも使える様にした感じ


この列車の面白い所は松山迄の194.4kmを5時間45分かけて行く所

東京起点で見ると越後湯沢や焼津程の距離だ

所々で列車待ち合わせを行う昔ながらの「鈍行」を味わえる列車で、1日に2本ある松山直通便の1本目

もう1つは昼間の快速サンポートだが、此方は合わせるのが困難だったので、4年振りにこの列車と再会した


定発
ノッチ込め直し発進
嘗ての209.E217と同じあの音だ

列車は真っ暗闇を意外な位元気に飛ばす
右手の高松貨物ターミナルをスルリとかわす

八十場を出ると高架
瀬戸大橋ジャンクション入口たる坂出へ

5:23 宇多津
ジャンクション終了


5:31(50秒) 多度津
5:58発車迄約26分待ち
早速来た、という感じである

後ろに7000系の同じ構成の2両編成を増結
何でそんなかと思ったら単行出来る側だけがパンタグラフ装備

納得

5:41 特急いしづち1号の先行を見送る

待ち時間中考える
もう3日目
随分早い、と感じているのは歳をとったんだなぁ、と

空はうっすら青み始めた

5:57 伊予西条始発の特急しおかぜ2号 岡山行到着
朝も早くから結構乗ってる


5:58 多度津定発
ここまで複線
ここから単線

曇天の朝の明るさ


6:03 海岸寺を出ると瀬戸内海を望む
小島々の景観が素晴らしい


6:20 本山
田園と山が広がって見える

6:24 観音寺
3分待ち合わせ
後ろ2両は切り離して伊予西条行に
6:27 観音寺定発


6:32 豊浜
対向ホームに8000系特急車両がモタレ(枕カバー)も着けずに「回送」

再び瀬戸内海
雨模様


6:35 箕浦
特急と普通列車行き違い7分待ち合わせのアナウンス
瀬戸内海は目の前
えらい寒い

対向普通列車は113系転換式クロスシート仕様
何とも羨ましい

6:46 箕浦発車

6:51 川之江1分延着発
!!
フリーゲージドレインだ!

出発後ちょいで右手に大王製紙専用線
貨物ターミナルみてえ


6:55 伊予三島
7:10の発車迄15分待ち合わせ
雨は大粒

7:02 特急いしづち3号を見送る
ヤツは架線下DC

7:11 対向の特急いしづち4号を待って1分延発
女子高生が駆け足で乗ってった

雨が上がった


7:16 伊予寒川 いよさんがわ

7:19 赤星 あかぼし
左手の山の上半身が粉雪化粧

7:27 関川
列車行き違い3分待ち合わせ

7:31 発車
これだから単線は面白い


高度を上げて山膝辺りから麓の民家郡を見下ろす


7:53 伊予西条
「うちぬき」でお馴染み
8:01発車迄7分ちょい待ち

7:57 対向に普通 多度津行入線
8:01 定発


左手に民家郡の向こうに山
右手には田園が延々と広がる


8:10 伊予小松
特急通過待ち
8:13 発車


8:20 壬生川 にゅうがわ
列車待ち合わせ
8:25発車


8:36 伊予桜井
駅舎が古い和造りな感じ
瓦屋根だ


8:44 今治
9:09迄待ち→定発

落ち着いた速度


9:17 波方
対向待ち
9:21 発車


9:33 伊予亀岡
上下特急通過待ち合わせ
さだまさしの「風に立つライオン」が心に沁みた
9:47 発車


9:56 朝海 あさなみ
列車6分待ち合わせ
10:02 発車

海がダイナミックに広がる


10:23 堀江
上り特急通過待ち
10:27 発車


10:39 松山1分延着
思ったよりあっさり着いてしまった
やはり歳をとったんだなぁ…


駅前にも温泉はある
「天然温泉 キスケのゆ」
¥550

昔ながらの風情を楽しむなら道後温泉だが、時間が無いとか、大広間でゴロゴロしてえならコッチ

沁みた~


さっぱりしたら駅弁購入
「松山名物 醤油弁当」
¥770

準備も万端♪





・JR予讃線
松山 11:42発 4919D
ワンマン普通 宇和島行
キハ54単機 高知車
オールロングシート

…コレで2時間53分
トイレも無えぞ

ココでコイツって事は今日は多分ずっとコイツ
…ギャ────────!


11:58 後位の整理券発行機の側板が落ちた…

結局弁当喰った
肉とか炊き込み御飯が旨かった

…キハ185に乗りたかった…


12:25 それでも下灘の海は綺麗だった…
暫く寝る

13:07 数度うとうと、気付いたら伊予大洲

13:25 千丈
対向特急待ち
13:32 発車
…つまらん

列車は山へ
平行する道路や川を見下ろす高度を行く


13:56 上宇和
それでもかぶり付けば少しは気分が紛れる

単線のレールが真っ直ぐ突き抜ける


14:00 卯之町で5分停車
かぶり付くと分かるのだが結構上下左右にうねうね
ちょっとしたローラーコースターだ


15:36 宇和島1分延着
この路線からキハ185は消えてしまったんだろうか?

次の乗り継ぎ列車は入線済み
まぁココは仕方が無いか


ちょい買い出しして駅に戻ると「携帯電話スペース」なるモノを発見
「充電できます」だって
こりゃ珍しい



・JR予讃.予土.土佐くろしお鉄道線
宇和島 15:30発 4824D
ワンマン普通 窪川行
キハ32単機 松山車 オールロングシート

先のキハ54とシート形状以外何等変わらない
トイレも無え
コイツで2時間19分…orz


15:33 北宇和島から予土線へ

本格的なローカル線だけあって、山腹下をゆったり進む

切り立った様な足場からカメラマンが列車を下から狙っていた


15:52 二名
遠近の山に囲まれた田園平野を行く
地面も山も緑茶半々

空はほとんど青く、小粒の雲が浮いている


16:14 松丸
普通の地方の川にしか見えない四万十川だが、結構緑が映える

しまんとグリーンライン


16:19 吉野生 よしのぶ

16:36 江川崎
16:52 発車

「トンネル抜けたら右手に四万十川」
のアナウンス
今までのは何だったのか

然し成る程
コレは今までで一番の見応え

岩の多さが最早渓流


17:19 土佐大正
対向待ち

陽が傾いて山や木がオレンジがかる
山の陰影が凸凹感をより強調する

17:23 土佐大正発車

17:36 家地川発車後、トンネルを抜けると左側から土佐くろしお鉄道の線路が合流

再度トンネル(かなり長い)に入るとディーゼルのガスの臭いが…

17:44 若井から土佐くろしお鉄道線へ
川だけはオレンジに負けず、力強く緑を映えさせる


17:49 窪川定着
若井-窪川の運賃は改札で支払う
何とかみどりの窓口で出せる様にならんだろうか
不便


さて
次の乗り継ぎ列車にはまだ乗り込めない
外の観光案内を見てみる

…あるではないか

四国三十三番札所
「岩本寺」

歩いて350m程
標識もあるぞ

祈りもせず、セルフタイマーで自撮りとかチンケな罰当たり


駅に帰って来て列車に乗り込んだ頃には大分薄暗い空



・JR土讃線
窪川 18:45発 4766D
ワンマン普通 高知行
1000形気動車単機 高知車
セミクロスシート着席 進行方向右側

車体構造が7000系を気動車にしてトイレが付いた
という見た目
座席はセミクロス.ロング半々仕様
1人掛けセミクロスが2席あったり
2人掛けセミクロスが1つあったり

よ~やっとボックスだ(-.-;)
明日はまた多分アレだが


すぐ真っ暗
「普通列車」の速度で進む
やけにトンネルが多いな
どちらにしろ何も見えん


時刻表で明日の行程を再検討
程度の差はあれ、「朝早い」事に変わりは無い
つーか絶対寒いし


各所で列車待ち合わせを繰り返す
どちらも乗車率が疎らで田舎の夜、という感じ

東京だったら残業とか呑みの帰りで未々ごった返す時間だ


高知に近付く程に駅間距離が短い感じ


20:47 高知定着

さて、今夜のお宿
「ホテル サンアトラス」
現金払い¥3700

中々小綺麗な部屋ですな
桃(以下略)




鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2012/03/26(月) 21:50:24|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR