僕様の徒然なる隠れ家 2013年04月
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

少しだけ画像で振り返り綴る.俺旅2013in年度末~偽最長片道切符の旅④ 3/13の件

SA3A1500.jpg
昨日は二日酔い、頭はガンガン酷く気持ち悪さ全開の一日だった

何かで目覚める

暫く机に向かいネットなど

気持ち悪くなって布団に潜り込む

最初に戻る

を延々丸々一日繰り返して休日を潰してしまった
暫く酒を控えたい

その為に今夜も先月の偽最長片道切符の旅を少しばかりの画像で振り返り綴ろう
あぁ、まだ気持ち悪ぃ…(;´Д`)







この日
宿を出て駅へ向かう最中にコケた

携帯のディスプレイを鮮やかに破損し、若干不便な旅路を送った
膝も擦り剥いていた




moblog_7a3a5d98.jpg
越後湯沢→上越線


SA3A1501.jpg
→小出→只見線→只見
路線,列車運行はここで一旦打切
ここから代行バスとなる

しかし沿線は偉い積雪




SA3A1503.jpg

SA3A1502.jpg
何だかスゲエ山奥に来てしまったな
とか思った


SA3A1506.jpg
代行バスを含めた只見線の時刻表
代行との接続の悪さは抜群だ




SA3A1505.jpg
駅舎
只見線を途中下車したのは初めてだ



SA3A1508.jpg
駅前
積雪が偉い高い

実は民宿とかあった




SA3A1509.jpg
代行に使用したのはワゴンタクシー


SA3A1512.jpg
豪雨で橋梁が流された現場
今もその処理が続けられている



SA3A1523.jpg
その代行で会津川口に到着
発車までだいぶ時間が余る




SA3A1516.jpg
ちょいと散策
この画像の中に車両がいます
多分





SA3A1526.jpg
駅に戻り暫くすると…


SA3A1531.jpg
雪を掻いて吹っ飛ばすマシーンが入線





SA3A1529.jpg
「融雪→雪崩」を防ぐためだとか
雪国の苦労だが、そんな方々のお陰でこの日も列車に乗れるのだ

感謝



SA3A1532.jpg
会津川口→会津若松→磐越西線→喜多方
喜多方と言えばラーメン



SA3A1535.jpg

SA3A1533.jpg
太めの麺が特徴的
良く分からんが



SA3A1536.jpg
磐越西線の旅を再開



SA3A1537.jpg
喜多方から約2時間
新津に到着

信越本線→宿泊地,長岡へ



何か取留めないままだが今回はここまで
この日の本文はコチラ

次回も取り留めなく新幹線とかします


おやすみなさいませ

ではまた~
(´・ω・`)ノシ



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/04/22(月) 23:34:41|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しだけ画像で振り返り綴る.俺旅2013in年度末~偽最長片道切符の旅③ 3/12の件

SA3A1499.jpg
今月残りの土日が休みになった
用事があるので旅は出来ないが、5月初旬にうまく合えば「ときわ路パス」をやりたい

以降
6月下旬には四国「バースデイきっぷ」
9月初旬に九州「九州八十八湯めぐり切符」
の旅を考えている

うまくやりたいものだ

さて、今回はうまく行かなかった偽最長片道切符の旅の三日目を振り返り綴ろう




SA3A1456.jpg
前日泊まったホテルは本格的な温泉ホテル
佇まいも立派で、元々が18属性の俺にはビビることウケアイ
朝風呂も入った




moblog_9dbf9ac3.jpg

SA3A1458.jpg
今朝は中央本線,上諏訪からスタート


SA3A1459.jpg
列車はJR東海、飯田線直通の213系
座席は転換式クロスシート



SA3A1460.jpg
所謂「大八回り」,辰野で塩尻,篠ノ井線,松本行列車へ乗換



SA3A1461.jpg
更に乗り継いで篠ノ井,信越本線,長野へ
ここで先々を鑑みて行くと越後湯沢以降が難儀する事が判明

ここから越後湯沢は遠く無い
時間はアリアリ
ちょっと考える

…という訳で



長野駅前からバスで10分
SA3A1463.jpg
善光寺を観光したり



SA3A1464.jpg
その門に


SA3A1468.jpg
左の門番さん

SA3A1469.jpg
右の門番さん




SA3A1465.jpg
メインどころは実際見てみると大きいですね

気が済むまで観光したら徒歩で駅まで戻る




SA3A1477.jpg

SA3A1474.jpg
長野新幹線で旅再開


SA3A1478.jpg
長野駅新幹線8号車方
この先が北陸に通ずるのか




SA3A1480.jpg
高崎に到着


SA3A1484.jpg
E4系16両PP編成は長いなぁ
…東海道はハナから16両フル編成じゃねえか



SA3A1485.jpg
高崎といえば「達磨」か
黒い達磨
達磨マークⅡ

…おっさんの言う事か

画像では隠れて見えないが
「しろくいち」と書いてある



SA3A1486.jpg
高崎から上越線
直後「沿線火災」と運転見合わせ予定のお知らせ



SA3A1487.jpg
115系国鉄型は窓が開けられるのが魅力


SA3A1489.jpg
綺麗な川
省エネの観点からも冷房は取止めて、窓を開放していきましょう

JRを含む鉄道各社には、国鉄型の維持が駄目ならそんな窓開放車両の開発をお願いしたい




SA3A1490.jpg
運転見合わせ区間は沼田―水上
という訳で沼田で足止め




SA3A1491.jpg

SA3A1492.jpg
暫くしてバス代行が手配されたが、今日中に動くかな、と楽観して暫く撮影などダラダラしていた
近くで「焼き饅頭」が旨かった




SA3A1493.jpg
…が、思ったより状況が良くなさそうなので諦めた
今旅2回目のバス代行



SA3A1495.jpg
水上到着
上越線の旅再開



SA3A1496.jpg
陽が落ちると冷える
もう窓開けるなんて無理


以降はこの日の宿泊地,越後湯沢まで乗って終わる


この日の本文はコチラ


今回はここまで
次回はラーメン喰ってた気が


ではまた~
(´・ω・`)ノシ
SA3A1497.jpg

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/04/20(土) 16:47:50|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しだけ画像で振り返り綴る.俺旅2013in年度末~偽最長片道切符の旅② 3/11の件

SA3A1435.jpg
もうすぐゴールデンウィークだが、コチラとしては商売柄、忙しくなるだけで大していいことは皆無
鉄道にしても大して使える切符も見当たらず何がゴールデンウィークか

金色に似た何かでしかねえ
今から振り返る旅は何色か
画像が少ないぞ




SA3A1424.jpg


moblog_ae23d01e.jpg
この日は自宅からTX→常磐線で前日の途中下車駅,新松戸から旅を再開





SA3A1429.jpg
武蔵野線→西船橋→総武本線→東京→東海道,山手→新宿→立川
道中に昼飯を済ませた




SA3A1432.jpg
立川から南武線



SA3A1433.jpg

SA3A1434.jpg
尻手から南武支線へ乗換





SA3A1437.jpg
終着,浜川崎
鶴見線との乗換に改札を跨ぐことで有名

ここで少し間が開いた
ちょっと撮影タイム




SA3A1450.jpg
改札口から南武支線を見る
結構味わいがある




SA3A1445.jpg

SA3A1447.jpg
会社専用口があるのも鶴見線ならでは





SA3A1443.jpg

SA3A1441.jpg
列車が来たので旅を再開
道中、沿線会社の帰宅客でごった返した



SA3A1451.jpg
鶴見から東海道本線へ


東海道本線→横浜→根岸線→大船→東海道本線
と乗り継ぐ
ロングシート地獄に辟易した



SA3A1452.jpg
茅ヶ崎から相模線へ
地獄は続くよどこまでも

→橋本→横浜線→八王子


実はここで企画に少し失敗した感がある

この八王子から
八高線→倉賀野→高崎線→熊谷→上越,長野新幹線→佐久平→小淵沢
というルートを見逃していた

以後のルートに多少の変化はあるが、飯山線,只見線もやれた
距離については正確には分からないが、もしかしたらこっちの方が長かったかも

機会があったらまたやろう
…とは思っていない

そもそもそんな矢鱈に出来るものではない

じゃあ出来たら…?



株主優待券なら本当の東日本最長片道切符をやるね
多分



SA3A1707.jpg
八王子から中央本線
結果的に無意味な特急移動



SA3A1453.jpg
乗り継いでこの日の宿泊地,上諏訪まで

泊まったホテルは素泊まり出来るのが意外な程の本格温泉宿
画像が無いのが残念だが、当時めっさビビった
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


この日の本文はコチラ




今回はここまで
次回は善光寺を観光したりしてました



ではまた~
(´・ω・`)ノシ


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/04/19(金) 23:24:46|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しだけ画像で振り返り綴る.俺旅2013in年度末~偽最長片道切符の旅 3/10の件

moblog_f315ace1.jpg
そういえば先日の都区内の旅
一番印象的で楽しかったのが都電荒川線

都区内にありながら独特のローカルの雰囲気を醸し出すこの路線は格安お出かけ旅にもお勧めだ


今回から振り返るこの旅にお勧めできる点は無く、18きっぷをお勧めしたい
今回以降の記事も画像は少なくパッとせず、お勧め出来ない(;´Д`)




SA3A1411_20130418220443.jpg
旅は京葉線,八丁堀からスタート



SA3A1412_20130418220442.jpg
蘇我から内房線へ
この日はこの209系ばっかり

この後佐貫町―上総湊で強風規制,バス代行をくらいました



SA3A1417_20130418220442.jpg
安房鴨川から外房線へ




SA3A1418_20130418220441.jpg
茂原で後続の特急に抜かされた



SA3A1421.jpg
大網から東金線へ

成東→総武本線→松岸→成田線
陽が落ちたら結構冷えた



SA3A1422.jpg
成田
山は近いぜ

→我孫子→常磐→新松戸
でタイムアップ

途中下車して武蔵野→TXで帰宅


この日の本文はコチラ





次回は首都圏をグルグル脱出してお泊りを始めます


ではまた~
(´・ω・`)ノシ


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/04/18(木) 22:31:21|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムーンライトを喋ろう⑧(終):ムーンライトえちご

090106_2251~01
現存するムーンライトで一番好きなのは? と聞かれたなら、
俺はこの列車だ、と答えるんじゃないだろうか

歴代であれば長距離,長時間の「九州」という答えもある





SA3A0387.jpg
ムーンライトえちご
新宿―新潟,村上


所謂「元祖,初代ムーンライト」
俺より前の時代を知ってる方は「村上迄行く165系こそムーンライトえちごだ」と仰有るかもしれない

165系時代にはそれなりに車内設備に変遷があった様で、最終的にはどっかから持ってきたグリーン車のシートを使用しており、席間の肘掛も無いもののシートピッチも中々の快適度を誇った様で、その点では現車を上回る


165系の老朽化,全廃と、東北新幹線八戸延伸による盛岡―青森,函館特急「はつかり」廃止と、その短縮区間に新型車両を充当した為、「はつかり」に充当していた車両は余剰となり、その485系K編成が「えちご」に充当と相成った

因みに現在、唯一「半室グリーン車」があり、座席に「モタレ」を着けているムーンライトだ
485系充当の実績もこの「えちご」だけだ




090106_2252~01
俺が初めて「えちご」に乗車するタイミングで車両は当の485系に入れ代わった
E257系が新しい頃で、こちらも同じく座面も動くシートだったので乗ってみるまでは同格のシートだと思い込んでいた


シート自体はモケット柄に流星空を表しており確かにえちごの為に新製したもので、そういう事で言えば当時はやはりムーンライトシリーズにJR東日本は力を入れていた事が伺える

ところがリクライニングが185系等の普通車のもの等より比較的浅かった
シートピッチも国鉄用ママでこういう点が165系に劣っていたと言ってしまえる

…が、485系3000番台がほぼ同じ仕様で特急料金を取っている点から見るとむしろ乗り得なのだが、
新井,直江津―新潟 485系1000番台快速「くびき野」がシートピッチ改善車だったりするのでひっくるめると何だか訳が分からないよ




090106_2250~03
165系時代は一部女性専用席だったのが、6号車を丸々専用車両にしているのは今日まで変わらない




080325_2327~01 080325_2331~01
「えちご」には1000,3000番台が予備車として設定されていたらしく、実際に上沼垂色が使用された実績がある
キノコ型のエアコン(?)とモケット柄が違うくらいで見事な迄に本車と全く同じ仕様だった


165系時代に下り列車は新潟止まりになり、485系に変わって暫くすると上り列車も新潟始発になった
赤羽停車取り止めもこの辺りだったらしいがあまり覚えていない

新潟―村上については上りについては覚えており、座席が逆向き走りだった
短時間ながら、あの区間を新潟乗継からE127系ロングシート車で行くのと比べれば天地だ

折角交直両用の485系なんだからもっと先まで行ってくんねえかな
とか思っていたがJR東日本は何処吹く風、な感じだった




列車の変遷を見れば最も動きがあったのは「臨時化」の頃ではないだろうか
「ながら」は言うに及ばず、寝台特急「北陸」,急行「能登」の臨時化,廃止が車両の運用を大幅に変えた

「ながら」については以前書いたが、「えちご」については、急行「能登」に充当していた489系を老朽化を理由に廃車




SA3A0363005.jpg

SA3A0361006.jpg
「臨時で走らすのは良いけんども、車両どうすんべ」
って事で交直両用の当車両を「能登」に持ってっちゃった

…って先の489系
あの後予備車みてえに特急「はくたか」代走やんなかったか?
オイ(#・∀・)


因みにこの臨時「能登」に1回乗車したがものの見事にガラ空きだった




SA3A0661002.jpg
「じゃあえちごはどうすんべ?」
って事で幕張の183系元「あずさ色」を充当

「運行区間が直流区間だけだから」という他に「減灯機能がある」からという理由だったらしいが、俺が乗った時は全く減灯しなかった




SA3A0666_20130409212541.jpg
座席も女性専用車がある以外は全車モノクラスの簡易リクライニングシート車に格下げて、優等利用者優先とはいえ随分酷い仕打ちだなと思ったが、実際乗ってみると混雑さえしなきゃ意外に快適だった


コレにも予備車が設定されていて、その時は大宮の183系が来た
中間車がシートピッチ改善車で代役の方が快適だった
幕張,大宮共に485系とは車両の向きが逆だった

因みに俺の戦績は大宮2回,幕張1回
大宮車も減灯しなかった



昨夏辺りに「能登」自体が廃止となった為、晴れてえちごに485系K編成が戻ってきた

たまに代用が入るだろうが、国鉄色に戻って話題になったT18編成が代用に入って喜ぶのは只のマニアだなと思った

5号車がヘンテコな段階式リクライニングシートなのだ
快適性はちょいと落ちると思われる




さて現列車だが、ダイヤに関しては微妙に変わった程度
車両も485系ママで半室グリーン車指定席なんて18には無縁の代物だが、今時なら「週末パス」あたりなら使えるだろうか

満席にはなり辛く、難易度は低い

初乗車の際、機械任せで発券したら俺の1号車ギュウギュウ
5号車辺りはスカスカという仕打ちがあった

それ以来あまり他人や機械任せはしない用になった



上下列車共に高崎―長岡ノンストップなので、前後席が空いていたらボックスを作るとか出来るし、隣席されてウザかったら空いてる席に移動とか出来る

この区間で大概減灯される
カーテンを被り上越線の夜景を必死に堪能するのだ
寝台特急「あけぼの」からなら難なく見えて感動できる


下りの場合、18きっぷなら1回分節約の為に日付変更駅の新宿―高崎を別途運賃¥1,890を支払うところだが、
「北海道&東日本パス」の場合1日単価がコレを下回る為無用となる
SA3A1276-891622312.jpg



定期時代は列車を知る通勤客が乗り込んできたものだが、臨時化の今は無い
全車指定席の為、定期券では利用できないが検札が来る前に大宮で逃げるのが多かった

熊谷に止まってくれれば18使用の際の別途支出も抑えられるのだが何でか
夜の熊谷貨物も見応えがあり、旅気分は盛り上がったものだ



090108_2326~01
「能登」が健在だった頃は高崎で両者の並びが名物だったが最早過去の話


日によって小出停車を実施していたが冬は堪らんだろう



小出は特別として、越後の使い道は東北,北海道へのアクセス目的がメインでは無いかと

終着,新潟から白新,羽越本線を行けば、米坂線での米沢,山形方面は村上まで行ってから坂町に折返すと都合が良い
村上にはコンビニもあるし
高畠で温泉入って日帰り可


村上での酒田行乗継は、列車が前の電車の進行方向先にいるので先頭車にいた方が有利
乗継列車の左手は日本海が眺められる


陸羽西線の新庄方面は余目か、1本スルーして酒田始発もアリ
新幹線利用もアリなら陸羽西線,鳴子温泉日帰りも可


酒田は90分程待たされるのが難儀
コンビニの他,左裏手にネットカフェがある

この先急行「はまなす」にアクセスするなら秋田で温泉するのも可
「北東パス」で北海道をしこたま満喫出来る


長岡から北陸などを目指すなら新潟から折り返せば難無く長岡からの一番列車に接続だし、越後線経由で乗り鉄もイケる


「SLばんえつ物語号」目的もいいか
新潟にもネットカフェがあり休憩も出来る


この様に北東を中心に長旅から日帰りまで用途は広い
「日帰り」がキツイなら新潟に戻ってえちごで帰っても元は取れる
上越線という名線を旅情たっぷりの夜行快速「ムーンライト」で行く

指定券も取りづらくなく、然程混雑なくのんびり行ける
俺はえちごが好きだ



ムーンライトは言うに及ばず、夜行列車そのものが存続を危ぶまれて久しい昨今
この旅情を知らず、「長時間列車に乗るのは嫌だ」という方々には豪華寝台特急でも良いから乗ってほしいものだ
部屋を消灯すると光無き神秘的な夜景が車窓に映るだろう


そして驚異的に格安な夜行の旅「ムーンライト」も知り、味わっていただきたいものだ
優等列車で無くとも、温泉も駅弁を含めた食べ物も味わえるのだから
というかこっちの方が交通費がかからないのでその分一杯味わえるぞ


「快速」という非優等列車でありながら国鉄型特急車両を使用したムーンライトは快速列車の頂点に立ち、日常の快速とは別物だ
…対抗できるのは「リゾートしらかみ」か




ムーンライトをくっちゃべるのはこれでお終い
ただくっちゃべっただけなのでムーンライトの魅力など全く伝わる訳も無いのだが
むしろ俺自身が乗りたい欲を大きくしただけ


ここまで付き合ってくれた諸兄諸氏にさんきゅ




ではまた~
(´・ω・`)ノシ


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/04/16(火) 22:04:29|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR