僕様の徒然なる隠れ家 2014年06月
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

オマエラにジゴクをみせてやる!






…じゃねえ、
しこくだ、四国


今日から四国三昧






高松 6:04発 2001D
特急 しまんと 1号 中村行
2000系特急用気動車3両編成
1号車5番A席 グリーン車


今日からグリーン車三昧
出だしから楽々~


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2014/06/29(日) 06:14:06|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺旅2014in生誕祝3 ~四国への道程:後編 東海道.山陽.赤穂.山陽.宇野.本四備讃.予讃線~






頭がポワポワする

寝台特急2本連続
「乗った感」
とソレによる生活リズムの違いがそうさせてるかな、と

トワイライトを降り立った所に「かの御仁」がいてくれたのもあるだろう
サプライズ、というか




201406282109193db.jpg
人がごった返し過ぎる大阪で途中下車
自動改札は味気無い
昼飯兼ねてコンセント使える店を見つけて1時間程休憩










20140628210919529.jpg
・大阪 14:15発 →東海道.山陽本線.姫路
3463M 新快速 姫路行

特急を上回るダイヤを描く西のドル箱列車
列車の中寄り程混雑し、立つ
先頭の2両は「弱冷車」



三ノ宮で左手に着席出来た
明石海峡でも眺めようか
2014062821091959c.jpg





街→海→新幹線高架付田畑
やや平坦ながら景色は変化する

駅名にもある加古川を越え、姫路貨物ターミナルもあるひめじ別所を抜け、新幹線高架と並んで終着へ


15:16 姫路着

厠して待機
姫路が地上駅だった頃、確かカレー屋があった気が










2014062821091976a.jpg
・姫路 15:34発 山陽.赤穂線.播州赤穂
967M 普通 播州赤穂行


新快速同様の223系がスタンダード
発車が近づくにつれて埋席していく

相生から赤穂線へ直通し、接続の岡山行にも余裕のある列車

相生で乗車率半減
赤穂線は何年振りか

左手へカーブして新幹線高架とも別れ、単線へ

京都.大阪の都市圏からローカル線まで、万能を発揮する西の車両は東日本にも一考欲しい所


16:05 あっさり播州赤穂着

改札外の厠へ自動改札で途中下車して行く訳だが、面白い事に途中下車の判子の様な印字をされた

こういうシステムが随所に欲しい










20140628210919944.jpg
・播州赤穂 16:35発 →赤穂.山陽本線.岡山
1925M 普通 岡山行


黄一色115系3両は225系同様の茶色の転換式クロスシート

約90分乗車
接続列車延着待ち3分延発



時間も夕焼け時へ
照される山並の陰影は淡い

天和:てんわ
テンホーではない



山のある田舎の住宅地を行く
ローカルだけあって雰囲気はのんびり

山の隧道へ突っ込み竹林の脇を通る
絶景がある訳じゃ無いが、こんなに良いローカル線だったか


寒河:そうご
日生:ひなせ
気絶


5分停車の長船でおっき(*。◇。)ハッ!

大きな川を越え、西大寺で6分停車
岡山に向けて駅毎に増客
暇なんだか忙しないんだか


西川原・就実の「就実」が学校の名前か何かだったと知ったのは横見先生のブログだったかどうか、覚えていない
(↑…知ってない)


18:03 岡山着
試しに途中下車してみるが、播州赤穂みたく印字はされない









・岡山 18:12発 →宇野.本四備讃.予讃線.高松
3153M 快速 マリンライナー 53号 高松行

223系に2階建グリーン.普通車指定席を加えた5両編成

この列車も大概出だしは着席不可
優先席に座ったりしたが



茶屋町から宇野線の単線は左下へカーブして別れた

植松から直ぐに隧道に入り、木見、長い隧道、上の町、長い隧道が連続

児島を前に瀬戸内が見える










2014062821152347d.jpg
児島から乗務員は四国に










20140628211523741.jpg
瀬戸大橋からの眺めは相変わらず見事

数ヶ所に「足場」が組まれていて、保全をしているのだろうか


大橋を渡り切った時
「今年も来たぞ…!」
と感慨無量

…年明けに18切符で来たが、今回は周遊だ










20140628211523467.jpg
曇天ながら四国のきめ細かい自然が俺を迎えてくれた
今年も宜しく(´・ω・`)ノ

……昨日雄大な北海道にいたっけ?



列車は終始「特急不要」の快走
18きっパーにも頼もしい存在だ

香西手前の高松貨物を左手に見て、右手にサンライズが鎮座する車両区をかわして終着へ

19:06 高松着










2014062821152365a.jpg
自動改札にIC対応もあった









まずは晩飯
高松で俺にお馴染み
20140628211523b1c.jpg
「連絡船うどん」

何度も言うがれっきとした「讃岐うどん」


今日は
「天ぷらうどん(鶏串を選択)」+「きつね」
¥430+110

コシも十分
ツユも程好い塩味

旨い




腹も膨れたら明日の切符を発券
明日は朝から行くで~




さて、今日のお宿
「ビジネスホテル 清恵」
¥4.000

駅から2分
…ぶっちゃけ、鍵有り、冷蔵庫無しの民宿



軽く酒煽って寝ます


今日はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2014/06/28(土) 21:01:07|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺旅2014in生誕祝2 ~四国への道程:中編 8002列車.トワイライトエクスプレス~






休憩につかったネカフェ
「自遊空間」
のパソコンはOSがXPなせいか随分重く、手持ちのタブレットにも劣っていた

3月に他のネカフェを使ったと思うのだが思い出せなかった

なるべくここは避けようと思った
駅前なのは利点だが




…良い方のネカフェは駅から右なのを出立前の駅前で思い出した

覚えが悪く、いい加減な人間だと反省するべきだが、そんな気も無いのだから失敗を繰り返す

自業自得








20140628134211f14.jpg
・札幌 14:05発 →函館.千歳.室蘭.函館.江差.海峡.津軽.奥羽.羽越.信越.北陸.湖西.東海道本線.大阪
8002列車 寝台特急
トワイライトエクスプレス 大阪行


天気は抜群に晴れ









20140628134211d49.jpg
牽引はDD51-1102+1143重連
発車前、牽引機関車の若い機関士は乗務員室から身を出して暑さをしのいでいた

運転室に冷房は無く、窓をから風を入れるしか無いという









moblog_e2f7aada.jpg
さて今日の根城2.開放B寝台
切符購入時、発車1ヶ月前10時45秒では個室を弾かれ、喫煙開放B寝台下段が精一杯だった
moblog_5cec1ab0.jpg

直前では9号車に1ヶ所だけ空きがあっただけ



そもそもはこの「国内最長距離走行列車」に乗るのが目的ではあった
乗車時間も実に22時間48分


他に「あけぼの」「北斗星」と違い、車内自販機で買えるポーチ
「トラベルセット」
が目的だったのだが、品は見当たらず、スタッフに訊いてみると存在自体を消されていた


他に気になるグッズも見つけたが、
「車販を待て
と待たされる

俺の居場所は最後尾車両
…今旅は何一つ上手くいかず、売切の可能性は否定出来ない




寝台の基本的な使い勝手は先の北斗星と全体的差異はほぼ無い

ただ、寝台側の窓は大型化されており、上段からも少し覗ける
寝台中程の小型テーブルも無い




向かい下段が早々に乗車済

20140628134211b97.jpg
此方も先の北斗星同様にセッティングして居座る

発車後即検札ながら、判子無し




車内が明るい内はやはり賑々しいが、大阪発着列車なせいか、関西弁が良く聞こえる
犬の鳴き声まで聞こえる


千歳.室蘭本線の境界、沼ノ端の頃には曇天が悪化

巡り合わせが悪いのか、運が悪いのか、天気が悪いのか、俺が悪いのか、


冷房の効きが良く、カーテンを粗方閉めて引き隠る
…つーか寒い
心も寒い…





16時と伊達紋別を過ぎ、放送が入ったにも拘わらず車販が来ないので行ってみるとサロンカー手前で最後の準備にちょいと待つ








moblog_4760264c.jpg
結構終了(売切?)した品も多かったが、寝台のカタログにあったエコバッグを購入出来た
¥720×2

付属の小さなポーチに収納出来るらしい

…意外に分かり辛いが、造りがショボくてボロく見えて強度に不安




洞爺で貨物列車と交換待ち合わせで10分停車
皆撮影に勤しむ
貨物のタイミングを外していたのが悔やまれる
俺が悪い



トワイライトは開放寝台も日本海の景色を重視して、従来とは寝台を左右逆に配置
内浦湾はお預け



夕暮れになりかけの色付いた陽光が草木の山を靄ごと照す
これはこれでトワイライト
今更になってようやく北海道の景色を堪能

…が進む毎に曇天が進む
知らぬ間にうとうと…



17:52 森を通過
列車は左手へ、所謂「砂原線」を行く
この「上り」トワイライトが国内最長距離走行列車たる所以で、「砂原線」を行く唯一の優等列車だ

列車は小気味良いリズムを刻んで倩行く



草木茂る山道に入ると勾配に喘ぐか、ゆっくりゆっくり…

その山奥へ入って行くかの様に曇天は暗くなっていく…



20140628134211b3c.jpg

20140628134843399.jpg
いつの間にか、皆Bコンパート特有のサッシ戸を閉める様になっていた
発車直後の様なザワつきも収まっていた

列車速度は勾配に上下される


駅名にもある「大沼」は大きく、見所
仁山で腕木式信号機を見る


渡島大野では「例の」カッコ悪い名前の新幹線駅が建設中
徐行したのは工事地帯だからか、見せ付けたいからなのか


七飯で大沼からの短絡線と合流したら晴れ空
雲は海産物のヒレの様な薄さの筋が立っている


18:48 五稜郭で機関車付け替え待ち
降車出来ないのは口惜しい

気付いたら19時前
未々夕焼けは明るい



19時過ぎても明るい…
てか新青森からの特急遅延待ち
やはり先日の札苅構内脱線事故の影響かと思う


暇なので下半身を逆立て、足裏を上段寝台の裏側へペタリと付ける
下段で不幸中の幸い

19:12 進行方向を逆転して発車
9分延発らしい










20140628134843218.jpg
津軽海峡が覗けた
連絡船時代を知る者は幸せである
海峡を回り込み、木古内、青函隧道を目指す

夕焼けも無くなり、青暗くなり始める
津軽海峡が広がり、隧道へ潜り込むのを繰り返す




19:47 停止信号を受け一旦停止
時間が時間で大分暗いが、海峡側はまだ少し視認可
カーテンで陰を作り、減灯まで対抗

結局、件の事故現場は分からないまま木古内迄通過した




海峡に向けて隧道が多くなり、視認もし難いので仰向けに寝る
車掌の放送で青函隧道に入るのが分かる

サイモン&ガーファンクルを耳に流しながら呆ける


「二晩連続開放Bで何やってんだろう」
「ムーンライトならまだしも」
「…個室だったらなぁ…」
「…」


気付いたら蟹田、21:03
運転士交代
パブタイムスタート

列車は夜の津軽線を疾走
電球色の灯が従来の列車と一線を画す

無人駅を次々通過
コレが見たかったが、無論本番は減灯してから



21:30頃 青森着
機関車交換で24分程運転停車とか
青森からはEF81-113牽引











moblog_29ad9ec2.jpg
先々の腹具合があるので3号車の食堂車へパブタイムを活用する事に
シャワーは翌早朝からしか空きが無かった









moblog_b0fce1e7.jpg

moblog_3cd461be.jpg
485系のやや小ぢんまりした車内を見事な雰囲気に改造されたそれは、間違い無く俺には過ぎた高級レストラン

短パンTシャツとかみすぼらしい事…
冷房が堪える









moblog_35a6923b.jpg
食べたのは「ビーフピラフ」
¥1.730

駅弁の倍近い食べ物は、俺が普段自炊して喰ってる
「缶詰丼」
の倍旨い



喰い終ったのが22時過ぎだったか、進行方向を戻して発車

自分の寝台に戻ったらコンパート室内は消灯していた

不慣れな婆ちゃんにカーテンの中を覗かれた



先の北斗星の様な標準的な寝台と違い、通路側の灯をほぼ遮断する為、完全消灯に近い

まずはそんな真っ暗闇の奥羽本線を堪能

22:38 貨物もある弘前に早々に運転停車かと思ったら即出発
大館も同様だった


曇天なのが残念だったが、ややして晴れ間が出てきて今夜も星空を魅せてくれた


翌日以降の行程を確める
大概余裕があると分かったが、一寸ソッポを向いたせいか、星空がいなくなってしまったかと思ったが、そんな事は無くてホッとした
ε=(-.-;)


浮気じゃないが、仕事ばかりしてて女に愛想を尽かされる気分はこんな感じだろうか
…絶対違うな

主要駅を離れれば電灯は減って益々星空が見易くなる
然し隧道が邪魔をする


無灯火の東能代の側線で赤いEF510牽引のコキ型貨物が此方の通過をひっそり待っていた

大久保で下りトワイライトが待避
追分で701系と交換
秋田で運転停車

既に0:40
札幌から10時間半だ
後半日乗れる



塵棄てに最後尾デッキへ向かう
謂わば17.18番に当たるだろうか
「業務用室」が開いていた

中は昔の3段寝台
その中段が点灯したまま空いていて、デッキへ出たら車掌が乗務員室にいた



羽越本線は日本海が近いが水面は黒く、様子は分からない

星々は増え、静寂の真夜中に客車の走行音だけが鳴る

…酒田辺りで完全にくたばる
そもそも真面に寝てないのだがら致し方無し

羽越本線の笹川流れ等の見所は大概すっ飛ばし

幾度か気が付くが、瞼が重くへたりっ放し
それでも寝たのは5時間程度か

直江津、6:30前に体を起こす
信越本線丸投げ
逆に北陸本線とは縁がある様で、毎年来てる気が


スッキリしようとシャワー利用
タイミング良くすぐ使えた





買い置き朝食のパンを食みながら親不知の日本海を眺める
悪くない

各所で車掌の案内を放送
「…です、…と言えば…」
寝ようとしても駄目そうな気がしたが、ちょっとしたら自宅の様にダラダラし始め、金沢を過ぎても寝てる始末

夢でも列車に乗って旅していて、目覚めても現実と区別がつかなかった

9:12 小松通過


予め置き備えられていたビニールが塵袋だと分かると益々寝台に引き隠り、寝そべってポテチをボリボリと食む始末

「干物妹 うまるちゃん」
を思い出す




福井県は曇天
201406281348437c3.jpg
取敢ず山裾に合わせて田園脇をうねり行く


芦原温泉:あわらおんせんで特急サンダーバード通過待ち

北陸本線に入ってから同タイプのはくたかやしらさぎと擦れ違って来たが、この列車はそれらとは全く異質の特急だ

10:18 ゆのお:湯尾



10:36 敦賀16分停車

EF81-43に機関車付替
20140628134843ec9.jpg

20140628134843a63.jpg
撮影に人がごった返す



終着まで2時間弱
列車は敦賀から右へカーブして下り線を越えてループ線を行く

湖西線では琵琶湖は反対側なのでお預け

近江中庄で見た緑一色の113系の塗装は大分襤褸が見えた





来春に廃止の決まったこの列車に俺はもう乗る気は無いが、開放寝台だったが、何とか乗れた事は良かったと思う

憧れた往時の寝台の雰囲気もも少しは味わえただろうか


寝台列車には未々乗りたいと思う
漢だったら快速だが、(寝台)特急は漢の憧れなのだ


寝台列車が時代に合わない事は無く、開放寝台が陳腐化しただけなので、料金設定を適格にするか、コンセント一つ付けるだけで大分違った筈なのは、あけぼのグォロンとやサンライズノヴィノヴィを見ても明らかだ

コンセント無の個室と有の開放寝台なら俺は後者を選択する

コンパートのサッシとカーテンも意外と良かった




JR西は車両の老朽化を廃止理由にしているが、北陸新幹線開業に伴う並行在来線3セク化による、運賃も嵩むだろうこの列車の取扱いを面倒がったというのはネットの通りだろう

夜行列車を面倒がり、手軽に儲かる大量詰め込み式の新幹線に偏るのは商売人としては当然だが余りにエゴが過ぎる

鉄道は文化であり、其を侵すJRや国を怨まざるを得ない




列車は大津京でサンダーバード通過を遣り過ごすと快調に長い隧道と山科を通過

京都からいつもは新快速で行く複複線の左端を今日は寝台で行き、然程飛ばさず321系普通列車に速度負けした


12:54 大阪着



北斗星 1200km
トワイライト 1500km

結構乗った気がしたのは気のせいじゃ無い
昨日は北海道にいたのだ

…と、思って駅に降り立ったら何と吃驚
余りに(嬉しい)吃驚しすぎで頭が何と言うか

2本しか乗ってないが、乗りに乗って頭ポワポワ
(・q・)?



何だか終盤という感じみたいだが、メインディッシュは明日からだ


じゃあちょっと休憩したら行こう




20140628134211ebc.jpg
トワイライトエクスプレスはここまで!

ではまた~
(´・ω・`)ノシ


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2014/06/28(土) 13:28:05|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トワイライトで買ったものと晩飯






エコバッグ
¥720×2個

小さなポーチに収納出来るらしいです




晩飯はパブタイムの
「ビーフピラフ」
¥1.730

普段喰ってる缶詰丼の倍旨い



今日はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2014/06/27(金) 22:31:06|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪へ行くなラ?






寝台特急ネットワークの利便性は凄い

上野からなら北斗星→トワイライトエクスプレスで乗換1回で済むぜ

しかも北海道を堪能だ






札幌 14:05発 8002列車
寝台特急 トワイライトエクスプレス 大阪行
DD51-1102+1143号機牽引 24系9両+カニ24
9号車10番下段 B寝台


…22時間以上ここにいます


ポーチ「トラベルセット」は存在自体を抹消されたっぽいです…



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2014/06/27(金) 14:30:07|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR