僕様の徒然なる隠れ家 最近読んだ雑誌:「N. 2006.8月号」
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

最近読んだ雑誌:「N. 2006.8月号」

SA3A0841_20140918233541593.jpg
N. 2006.8月号
イカロス出版


毎度お馴染み、ブクオフ¥108シリーズ

表紙から瀬戸大橋特集?
なんて思っちゃったけど、要は関門、青函隧道も含めた海を超える(潜る?)所の特集ね

今回はちゃんと「模型から鉄道を見る」視点で書かれていて安心、というか楽しめた




その「海峡を渡る鉄路」は何と「青函連絡船」と接続する列車から取り上げた

急行「八甲田」「ニセコ」からピックアップしていく辺り、既に面白い
この視点である

他にも津軽海峡を目指した列車を細々と拾う


瀬戸内海は宇高連絡船や四国鉄道の歴史とともに、連絡船に接続する車両の模型を紹介







「検証。」は俺も気になる20系

まずは電源集中方式に着目
この方式が大電力供給を可能にし、冷暖房は勿論の事、
キッチンの電化まで果たすという画期的なシステムは今尚、本州と北海道を結んで日々走っている

更に温、冷水供給に洗面台のAC電源コンセントが使えるのもこの方式のお陰
座席にコンセントが当たり前になった今日の優等列車の祖はココであろう


客車にも遮音性向上の他、密着自動連結器の採用、緩衝器にはゴムダンパーかオイルダンパー使用と
出来得る技術を余すこと無く注ぎ込み、A寝台に初めて「一人用個室」を採用と
それまでの常識には無かった列車の誕生だった

また、先述した冷暖房化により、屋根上の送風機とベンチレーターが不要になり、上段の居住空間が拡大した


そんな20系に座席車があるとは知らなかった
流石は「検証。」
痒いところに手が届く


そんな20系も14、24系投入により急行運用が始まる
20系初の急行は「銀河」だった

そのような20系の変遷が楽しく読めた


今回はこんなところか
コレ以外にも細々とした記事群は中々読める

「N.」は今の所打率が高く、今後も買い求める事だろう





今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
SA3A0840_20140918233538915.jpg

関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2014/09/19(金) 00:14:30|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺の画像館 2014.9.19 敦賀 | ホーム | JR西の社長の定例会見から読む北陸新幹線、敦賀以西 やはり既存の路線を活用?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/1466-20c83f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (84)
鉄旅 (986)
仕事 (4)
鉄道 (538)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (159)
切符 (174)
鉄道風景 (335)
Nゲージ (858)
ちょっとお出掛け (159)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (5)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (32)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (17)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR