【鉄道系】僕様の徒然なる隠れ家 1泊俺旅2017in晩秋 後編 ~回れ 南東北 阿賀野川! 北関東久慈川‼~編
fc2ブログ

【鉄道系】僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ …だった筈が、Nゲージ主体になってきちゃった気がします…

1泊俺旅2017in晩秋 後編 ~回れ 南東北 阿賀野川! 北関東久慈川‼~編

CIMG6489.jpg CIMG6500.jpg CIMG6508.jpg CIMG6531.jpg CIMG6543.jpg
※今回も(多分)長そうです
(;一_一)

2017/11/13(月)


昨晩、携帯からの記事投稿が出来なかった
結局原因が分からず、四苦八苦している内に日付を跨いでしまった



結局シャワーして寝付いたのは、日付を跨いだ深夜2時
で、起床が8:10と、6時間程と寝不足を覚悟する事に









CIMG6454.jpg
しかし、宿泊した「新潟京浜ホテル」は快適なダブルベッドで、
寝不足を多少カバー出来そうなくらいだった


巷で云われる様に
「睡眠は量より質」
を実感した



多少ネットしながらライトミールで朝食と薬を食み、9時前にチェックアウト
新潟の朝は心地好い冷えた空気



改札では経路をチェックされて入場
当該列車は発車5分前に折り返し列車として入線して来た










moblog_c26a9924.jpg
・新潟 9:18発 →信越,磐越西線.会津若松
228D 普通 会津若松行

列車はキハ110+E120+110という、両運転台車が3両連なる奇妙な組成
取敢ず新津迄の通勤客を乗せられれば良いという考えだろう








moblog_a847ee26.jpg
客の流れの都合上、E120のボックスに座り、
新津迄の満席状態で昨日乗れなかった信越本線の一部をカバー









CIMG6460.jpg
見慣れた平野を架線下DCが軽快に走る
新津迄は僅か20分程度









CIMG6461.jpg
新津には「ばんえつ物語」の客車が側線に留置されていた









あっという間に車内は快適な空き具合
CIMG6463.jpg
現代型のやや硬めのボックスシートを占拠して、磐越西線をまず2時間堪能出来る









列車は住宅地を抜けて刈り終った平野を眺め、川を渡って新関へ
CIMG6465.jpg

CIMG6467.jpg
磐越西線に入ってもJR東日本のディーゼル動車はローカル特急並の速度で軽快に走る
横に長い山々と芝敷きの様な田園を眺め、川を渡って猿和田へ









CIMG6468.jpg
馬下では「津川-新津-新潟」のサボを差したキハ48と交換









CIMG6478.jpg
丘に上ったか、左手には阿賀野川か、道路を見下ろして咲花へ
阿賀野川を左手に流しながら林道と隧道を繰り返す

三川の手前で大きな阿賀野川をトラス橋で渡り、
阿賀野川を右手に流しながら草道を行ったりする









CIMG6479.jpg
津川で「会津若松-津川-新津」のキハ47と交換
以降も鹿瀬、日出谷と眼下に沿う阿賀野川と共に山里へ向かっている様な感覚



かつては1面2線だったであろう上野尻駅を見る
一旦薄生い茂る平野部を快走し、再び丘を登坂して減速、野沢には11:09着





乗車してからもう2時間弱
後45分でこの列車から降りる









CIMG6482.jpg

CIMG6488.jpg
田園が広がったり、阿賀野川を見下ろしたり、隧道に入ったりと、
磐越西線の景色はバラエティーに富んでいる


印象的なのは隧道が意外に多く、山路線である事を実感するところ
阿賀野川と絡み合う車窓は磐越西線独特だ









CIMG6487.jpg
萩野を出てから、阿賀野川の向こうの辺りの山が秋色付いている事に気付く

山都で此方と同じ組成の列車と交換
ここが高度が高いことが、川や畑を見下ろす事でわかる




この路線は「楽しい山路」だ
隧道が多いのは、程度としては問題にならない










CIMG6492.jpg
11:38 喜多方から左手に目立つ雄大な山は磐梯山か?

以降は塩川のみに停車し、平野を疾走して終着を目指す
そういう列車は多数設定されている

磐梯山が尖って白い山頂を見せて、本来の姿を現した


11:54 会津若松着

4分連絡
頭端式、3面5線に見えるホームで乗継列車はすぐ向かいのホームに居た













CIMG6494.jpg
・会津若松 11:58発 →磐越西線.郡山
1230M ワンマン普通 郡山行

ボックスの多めなE721系だが、2両編成では先客万来









2人掛けロングシートの僅かな隙間から磐梯山を眺める
CIMG6496.jpg

CIMG6498.jpg
この座席は小ぢんまりしてるので多少良し
混雑しなければかなり落ち着ける
(-.-)y-~

列車は磐梯山に向かう振りをして、列車は中速度で右へ右へと舵を取る
磐越西線は電化区間も変わらず山路を行く





翁島:おきなしまから磐梯山が近くなる
側を薄、両側を木々に挟まれた向こうに磐梯山が自らの存在を主張する

猪苗代から車体を左右に振って盛り土の上を走る




川桁:かわげたを12:34と2分延発
然したる原因も分からず遅れだしたか

ローカル線ではそういうのを屡々見掛ける




周囲を山々に詰められるのを、S字を繰り返してかわす
その曲線でカントが付いていると、まるで振り子車両みたいで面白い



磐梯熱海辺りから平野を疾走
東日本のステンレス車の走行音は普段から聴き慣れているけど、
旅で聴く高速走行音も中々乙なもので心地好い



喜久田でE721系と交換
東北新幹線高架とクロスすれば終着


13:12 郡山着

改めて磐越西線の面白さを味わえた
今後も機会があれば積極的に乗って行きたい路線だ








郡山は貨物の名所
CIMG6504.jpg

CIMG6505.jpg
ちょっと遊んだ


乗継列車迄30分以上ある
今日はちゃんと空腹で食欲もある

今日最初の途中下車は経路をチェックされなかった









CIMG6499.jpg
飯買って再入場、当該ホームへ向かうが、コレが工事中かつ凄ぇ離れにある


結局発車10分前に当該列車に辿り着いたら、これまた先客万来
orz














CIMG6503.jpg
・郡山 13:45発 →東北.水郡線.常陸大子
328D 普通 常陸大子行

キハE130系2両では定員キャパが低過ぎ
3人掛けロングシートもやむ無し


列車を待って座席取ってから出場した方が良かったかはちょっと分からないのは、
列車の入線時刻が分からず、そこに行動を左右かつ制限されるから




電車に劣らぬ新鋭気動車の加速は流石
先ずは東北本線架線下を快走して、安積永盛から水郡線に入る

その安積永盛から即増客
これでは買った昼食を摂取出来ない…
。。(〃_ _)σ∥






「先客万来」とはよく書いているが、実は空席自体は多少なりともある
CIMG6502.jpg
先の磐越西線にしろ、2両で間に合ってしまう平日の日中
地方の輸送需要という面に目を向けると、経営や存続の困難さを改めて思い知らされ、
複雑な気分にはなる



それでも好例は各地に点在しているのだから、少なくともノーヒントではない
キーワードは「乗って楽しい」「地元、沿線地域への貢献」「地元民の柔軟な考え方」だろうか


いすみ鉄道,鳥塚亮社長の
「ここにはお金がいっぱい落ちてますねえ」
という名言とスタンスには驚くばかりだ









発車から30分弱
CIMG6506.jpg
川東を出て、平坦な刈り終りの田園から草木生い茂る中を抜けて丘路を下りて、
また田園が広がると泉郷に到着









後位車に4人掛けボックス発見!
CIMG6507.jpg
終着まで1時間以上楽しめるぞ!
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ









畑が混じるが、大部自然風景が溢れてきた
CIMG6510.jpg
そして気動車ボックス占拠♪
それだけで鉄旅は楽しい♪

BGMにさだまさしをかければ旅情は更に膨らむ♪



磐城浅川からどこでも見掛ける平坦な田園風景が広がるが、それも乙
今頃になって鉄旅の奥深さと面白さを知った気がする

乗り慣れた列車や路線もやり方一つで楽しくなるんだな、と
そもそも鉄道趣味が奥深くて面白い訳で










車内は徐々に空いてきている
磐城塙で列車交換 4分強の停車
こういうのが撮影チャンス
CIMG6518.jpg
鈍行旅の醍醐味♪










CIMG6516.jpg
駅舎は綺麗でお洒落









そんな駅を後にすると、高台から見下ろす田畑の向こうから山々が遠巻きに周囲を囲む
CIMG6525.jpg
「奥久慈清流ライン」の愛称を付けられた水郡線も、平坦で平凡なローカル線じゃないって事で








空はいつの間にか曇っていた
CIMG6529.jpg
東館からその「清流」が沿い、右から左へ線路下を潜ると矢祭山
隣駅は「ときわ路パス」の限界点、下野宮

…って事は関東に戻ってきてしまったという事で…
(*´・ω・)




清流:久慈川は線路下をクネクネ絡む
E130が入ってる庫を右手に見て終着


15:37 常陸大子着
10分あれば座席取ってからでも遊べそう、とか考えたりして遊んだ
(´-ω-`)

構内には国鉄色のキハ47が留置









CIMG6534.jpg

CIMG6533.jpg
途中下車印を貰ったら、屋外保存展示のC12 187を見る










CIMG6530.jpg
・常陸大子 15:47発 →水郡線.水戸
842D 普通 水戸行

キハE130系が6両とは随分長い編成だな、と思ったら、
両運転台で単行出来るキハE130形がトップナンバーを先頭に4両繋ぎ、
キハE131とE132のペアが殿を務める結構な組成









CIMG6535.jpg
そんなトップナンバーの先頭車の2人掛けボックスに着席









CIMG6541.jpg
少しづつ薄暗くなってきた中を久慈川とちょこちょこクロスしながら巡行









CIMG6544.jpg
下小川で対向列車が6分延の放送
先頭車はこういう時に悠々と撮影に出れるから便利♪

16:15は7分の延発











久慈川は左手を流れる
CIMG6549.jpg
一級河川らしく見る人の目を楽しませてくれる
それは流れだけでなく、川を形成する砂利敷と木々の盛りがバランス良く組合わさってこそ楽しめる眺めだと思う

ローカル線は自然が近く眺められるのが魅力の一つだ





久慈川がどこかへと去り 、勾配を登る
その先に畑が徐々に住宅へと車窓が変わって常陸大宮へ

大部薄暗く、窓が鏡面効果で車内を映す

瓜連で対向待ち





列車は一向に回復出来ないダイヤを取り戻すべく、
只でさえ暗くなってきた上に林道に入ると最早真っ暗闇、
という中を出せるだけの速度で力走する

その甲斐あって、上菅谷での停車時間を効かせて定発に漕ぎ着けた








下菅谷で対向待ち
CIMG6552.jpg
結局また1分延を頂く事に


17:14 水戸着
キッチリ定着とは恐れ入った

外は完全に夜
「夜」の早まりは「晩秋」どころか「冬」みたいだ


18分待ちを利用して途中下車
最早経路チェックはされなくなった…









マックを見つけて入る
CIMG6553.jpg
僅だが直接USBコードを差して携帯に充電



温珈琲を「S」の存在を忘れ「M」を頼んでしまった

然し、珈琲を飲むなど何ヵ月振りか
飲んだら身体が温まってしまった
(・_・;

ようやっとマックもSuicaが使えるようになり、端末機充電と便利になった





この先は北関東遠回り
兎に角時間を作って「捺し鉄」趣味を楽しむ作戦

…といっても後2回位しか無い










CIMG6554.jpg
・水戸 17:32発 →常磐線.友部
448M 普通 上野行


高性能交直流近郊型電車 E531系でこのまま帰れないのが「片道きっぷ」
赤塚で3分停車


17 :51 友部着
ここで水戸(17:19発)でもスルーした764M(17:54発)をまたスルー

途中下車して29分の待ち時間を作る
今日初めて経路をチェックされた気がする

ここからの始発列車でも帳尻が合う算段




周りを見ると然程何も無い様に見える
こういう所で呑み屋があったら入れる様な大人になりたい

食事を楽しめない人間なので、酒場での1人呑みも楽しめない人間だったりする










CIMG6555.jpg
・友部 18:20発 →水戸線.小山
766M 普通 小山行








E531系5両編成は内3両がセミクロス配置という比較的優秀な車両
CIMG6556.jpg
帰宅時間帯だが、結構スッカスカ
4人掛けボックス占拠
しかも徐々に客が減っていく

電灯も少なく、気分は夜行列車気分♪




夜行列車にBGMはビートルズと決めている
頭が旅モードで痺れてきた
!Σ( ̄□ ̄;)









岩瀬で列車交換 3分停車
CIMG6557.jpg
この駅には駅標のせいか、造りのせいか、昔の風情が感じられる




闇、BGM、レールのジョイント音
旅の痺れ快感が全身に回ってきた
(@_@。


19:23 小山着
痺れた身体を引き摺って8分乗換

つーか離れ過ぎでしょ この両線
(゜Д゜≡゜Д゜)?











CIMG6563.jpg
・小山 19:31発 →両毛.上越線.高崎
472M 普通 高崎行









期待を裏切らないオールロングシートの211系3+3両編成
CIMG6565.jpg

CIMG6558.jpg
パンタもシングルアームに換装して未々ヤル気充分

E531系の直後だけあってエラい揺れる
((((;゜Д゜)))









栃木で115系と交換
CIMG6561.jpg
…やっぱ裏山…
(´ρ`)






ロングシートにビートルズは合わないので、
試しに小林旭先生をかけてみたら「女房きどり」から始まった

…結構ハマるw
(´-ω-`)

19:59 佐野着 約2分待ち

ダラダラとネットしてたら、列車は高架を上って20:33 桐生着
2分待ち






…?
岩宿に着いてから何か臭い…?
まるで動物の糞の臭い
(・・?





そういえば昨日、今日と気絶していない
今日は泊まったホテルのベッドが効いてるからまだ解るが、昨日は多少眠気が差した程度

歳のせいとも思えないし…?
(´・ω・`)?

そんな事に気付きながら、列車は前橋に 21:07着 21:09発

小林旭先生のBGMも終った
暫く耳休めしよう






列車は単線高架で川を渡り、新前橋.上越線へ入る

車内に着席客は疎らで気だるい空気
終電の1.2本手前みたいな感じ…


21:23 高崎着

21:30発 854Mをスルー
約22分の待時間を作る





最後の途中下車
最早「詰め」の段階
印を捺すだけ

…と思ったが、改札嬢
「どこに捺したら良いですか?」

結果、印はきっぷ下部に集中した




晩飯をテキトーに購入
成城石井があるとは意外…

ちなみに今旅の食事
9割方「パン」でした
(・∀・)人(・∀・)



僕様は五月蝿くない「パン好き」です

仕事の朝はトースト
職場で気が向いたらNEWDAYSでパン
休日に安パン

…うーん、この
( ゜д゜)、;'.・










CIMG6567.jpg
・高崎 21:46発 →高崎.東北本線.上野
856M 普通 上野行









231系10両編成の2号車ボックスを占拠
CIMG6569.jpg
業界最剛の座席が僕様のケツを襲うw
orz=▲



1人1ブロック占拠、という程度の乗車率
僕様的にはもう少しガラ空くと見ていた
それでもボックス占拠出来るんだから、平日のグリーン車利用は勿体無い





E231系はその性能を遺憾無く発揮して高速走行
電灯少ない暗闇を、モーター音もそこそこに突っ走る
まだ余力がある、と









CIMG6570.jpg
深谷で今日の仕業を終えたE233系が灯を落として明日の出番を待つ






籠原で後に5両増結
3分程停車して、22:22に発車


右手にレール沢山の熊谷貨物駅
闇の中、レールが光り、コンテナがうっすらと姿を見せる

上り線の角度のついた高架を遠目に、新幹線高架の足下に滑り込んで 22:27 熊谷着





行田で下り電車を見る
こちらと同じくらい疎らな乗車率
時間と場所を考えればこんなものか、と




流石に15両フル編成の入るホームは長い
吹上でホームに入線しても通過するかと思わせる位に、すぐには減速しない



各駅で頻繁に下り列車と行き違う
仕事の後、やはり終電間際の気だるさが互いに漂う





ここまで来ると流石に疲労を感じる
その辺は歳のせいと言える

然し、気分はお腹一杯
ヽ(・∀・)ノ





北本からモーターが更に唸って力走を感じる
それ以上に電気ブレーキが唸るw

余力を残す惰走行を懸命に抑え込む
(#`皿´)

発車してノッチ入れっぱ、特定地点から制動、の繰返し






23:05 大宮
タンク+ホッパ貨物と京浜E233が同時に発車

不思議と「戻って来てしまった…」的な感覚が無い
多分やりたい事をやれて充実したからだろう
また休みがくれば日帰りでもどこかへ行けるし

そんな事を思いながら、モーター唸らせ疾走する列車に身を委ねる
終着までは至福の時間だ





都区内に入り、赤羽で赤いEF510のコンテナ貨物が通過
長いコンテナの他に薬品らしきタンクコンテナも積んでいて少しバラエティーある積載だ

尾久では昨日と同じくE26系が留置
JR東は「お宝」を持て余していると見た


列車は速度を緩に、それでも間も無く高速に達し、日暮里を通過



減速しながら灯の落ちた下り列車と擦れ違い、山手231と並走して鴬谷を通過
終着は高架5番線だ


23:32 上野着








この後は
CIMG6571.jpg
23:35発 2367H 取手行で北千住乗換で帰る








ちなみに北千住南有人改札は御仕舞い

北改札に追いやられ、そこで窓口嬢に
「どこに捺したら良いですか?」
経由で、無効印を頂きましたとさ
CIMG6573.jpg
今旅は禁酒の最中のお陰で、両日とも「少し」早めのスタートを切れて、比較的長時間の乗車が出来、
1泊ながら中々「濃い」旅が出来て満足できました

普通の片道切符も使い方次第で幾らでも面白くなるんですね




鉄道の楽しみ方は幾らでもあって、いくら追求しても飽きることは無いと実感できました
「鉄道」の世界は幅広く、奥深く、限りがありません

考えつくだけでも、乗る、見る、ネット、書籍、知る、捺す、きっぷ、撮る、録る、模型、聴く、時代を遡る…
定期、臨時、団体、貨物、通勤、観光、回送、運用、JR、私鉄、3セク…

最近は「台車」が面白いんですよ♪
もう無限に楽しめそうだと、ワクワクが止まらないです
(人´∀`).☆.。.:*・゚






ここまで付き合ってくれた諸兄諸氏に感謝!

今旅はここまで!

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
CIMG6574.jpg
今旅もありがとうございました!
m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2017/11/15(水) 07:00:58|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【動画】動く「ロクサン」! 歴史の生き証人 | ホーム | 1泊俺旅2018in晩秋 前編 ~かつての信越本線を辿ろう!~編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/2775-1219f734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のたね

Author:のたね
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (114)
鉄旅 (1345)
仕事 (0)
鉄道 (613)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (171)
切符 (222)
鉄道風景 (338)
Nゲージ (2153)
ちょっとお出掛け (289)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (8)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (43)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (23)
動画 (215)
国際鉄道模型コンベンション (46)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR