僕様の徒然なる隠れ家 俺の鉄旅2019in年度明け~巡れ!「北&東パス」! 5:巡れ!函館〈山〉線! さよなら北海道〈オプション券〉!~
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

俺の鉄旅2019in年度明け~巡れ!「北&東パス」! 5:巡れ!函館〈山〉線! さよなら北海道〈オプション券〉!~






昨晩のお宿「ホテル テトラ旭川駅前」のセミダブルベッドは快適でグッスリ寝られた

しかし7時過ぎの早起きで眠気を引き摺った



点けたTVでは4月末からのGWの10連休をどう過ごすかを取り上げていた


どこも人混みとか、高くつくとか、かといって家に居たって家事で疲れるとか悩んでいた

が、そういう休み方がもう駄目なんであって、俺みたいにこの平日に北海道を巡って、10連休は働くのがベターなのよね、
といっても商売柄無理な人は無理なんだろう

だって無理なんだもん


盆暮れ正月に休みたいなんて人が引きそうな「貧乏クジ」だ



チェックアウトしたら旭川は5℃だったが、今日は暖かくなるようだ
列車発車の15分前は落ち着いた雰囲気だった











moblog_def5abec.jpg
・旭川 8:30発 →函館本線.札幌
2012M 特急 カムイ12号 札幌行










789系1000番台5両編成は意外にもスカスカだった
旭川より函館の方が売れているのだろうか?
moblog_9f8c1711.jpg
然し、「オプション券」特急の楽しみも今日で御仕舞いだ



列車は早くも高速進行
安定もしている
石狩川等を渡り、長い隧道に入った

抜けると北海道の大地に躍り出る
左手の雄大な白化粧は夕張山地だろうか



深川から留萌本線が1本、右へ別れた
この大地とも今日でお別れだ










右前方にも白い山々
20190416210508f45.jpg
増毛山地か









20190416210508389.jpg
列車は各駅を高速で通過するのが格好良い
石狩川でDF200単機と擦れ違った

旭川から32分
滝川に到着した



奈井江は駅標が1つ壊れていた

今日まで駆け足で北海道を回ったが、現状は以前より「人の数」が減ったように感じた
「喰えるパイが無い」感じだ

年度明けの平日、日中以降という事もあろうが、人の視線がJRに向けられていない感じがした

北海道のアピールも感じられない
(新幹線は魅力も無く、薄い)

先日の「スーパー北斗」が飛び込み客が多かったにも関わらず、空席が分かりやすくあった事が印象的で思い出す




「カムイ」は徐々に増客している
旭川から50分の美唄の10分後は岩見沢を残すのみ

滝川-岩見沢の利用もあった
結局スカスカのまま大勢は決した

…そういえば検札来ねえな、と思ったら豊幌を過ぎ、夕張川の手前で来た
「北海道線特急オプション券」は戸惑われる確率が高め

昨日と同じ〈旭川車掌所〉が捺された
デザインされた印も良いものだ

野幌からだったか、一旦高架を渡った




レールが増えて平和を通過
「鉄道唱歌」で終着アナウンス

苗穂でキハ183「クリスタルエクスプレス」を見た


9:56 札幌着
17分乗換












20190416210508454.jpg
・札幌 10:13発 →函館本線.小樽
3861M 快速 エアポート95号 小樽行










転換式クロスシートの721系6両編成が来た
2019041621050883e.jpg
悠々着席出来たのはありがたい
厠の近い1号車の選択も正解♪



列車は高架を滑るように走る
小樽-旭川は窓框のあるこの車両にチャンスがあると思った
座席の出来も良く、uシートも好材料だ

空港アクセスはロングシートで充分だろう



地上に下りてからの走りは新快速に近い
先のカムイからの流れで特急感抜群だ
自動放送も引き続いている

手稲からの立ち上がり加速も鋭い











銭函からだったか、穏やかな石狩湾のオーシャンビューに入った
これも材料にして良い
20190416210508e2d.jpg
右曲線で先頭が見える
オーシャンビューは小樽築港まで

徐々に減客する
終着には徐行して入線


10:45 小樽着
8分乗換












201904162105083f5.jpg
・小樽 10:53発 →函館本線.倶知安
1936D ワンマン普通 倶知安行










キハ40+150形編成
これは国鉄形に逝くでしょ♪
20190416211158b86.jpg
右側ボックス楽々
2両は正解

列車は早くも山線の登坂を始めた
北海道の名山はどれも雪化粧を欠かさないようで、積丹岳も例外ではなかった










石狩湾も覗けた
20190416211158718.jpg
晴天下は色々見える

蘭島から平地を遜色急行走り
余市で半数が降車











雪化粧の積丹岳が鮮やかに広がる
201904162111580f7.jpg
余市川を渡って減速して然別へ

左手に白い余市岳を流し、峠路を登坂にかかる
銀山からの眺めが良かった

目の前の山も高かった
眼下を済んだ小川がうねる
この路を急行が通ったか











小沢からはニセコアンヌプリだろう
20190416211158a3e.jpg
既に蝦夷富士も見えている









列車交換は良い間合いだった
201904162111588d2.jpg
今日は昨日と違って良い天気だ


隧道の直前、小さめだが末広がりの白玉の滝を見た
眼前に迫る雪は厚い


12:09 倶知安着
26分待ち
外人客2分人が改札で詰まっていた


蝦夷富士.羊蹄山の威容が素晴らしいが、
駅やラッチ外からの眺めが難なのは皮肉か













20190416211158030.jpg
・倶知安 12:35発 →函館本線.長万部
2938D ワンマン普通 長万部行









4×2人掛けセミクロス配置のキハ150単機
20190416212341ae2.jpg
座席は丁度良く埋った
半数以上が外人











改めて羊蹄山を眺め、久々のキリンガラナを合わせる至福♪
201904162123410e5.jpg
北海道は美味しい

釧網本線や函館の山線は分かりやすい売りだと思うのだが



ニセコアンヌプリを右手にして回り込み、ニセコ高原を行く

ニセコで客交換
外人比率が高くなった









2019041621234148e.jpg
太い川は尻別川か、絡みながら下り勾配での勢いを抑える

ニセコと蝦夷富士が並んで見られる角度があることに驚く
威容+偉容=???

さだまさしも合わさり、完全に寛ぎモード
(-。-)y-~





目名を出て下り勾配を軽く流す
陽が高く、直撃は暑い

晴天下の積雪景色
BGMに「親父の一番長い日」
優雅でしかない♪

熱郛の周りだけは残雪が激減した





終着も近付き、狩場山地が見える
今旅の山は雪化粧が鮮やかだ

平地に下りると快走
減速して町に入り終着


14:07 長万部着
25分待ち

陽が射して暖かいが風が強い
海も近く、独特の香りを嗅いだ気がした


乗り継ぎ列車は先行の貨物列車の影響で2分延のアナウンス










その貨物は長万部て停車
20190416212341232.jpg
アナウンス以上の遅延になった











20190416212341626.jpg
・長万部 14:35発 →函館本線.函館
12D 特急 スーパー北斗12号 函館行

キハ261系8両編成は後寄り7,8号車の自由席もスッカスカ

旅客のこちらを優先先行
14:40の発車

左手に内浦湾
陽射し直撃

乗り心地のタイプが違うが、昨日のキハ183系「オホーツク」を思い出す



スペック上では52時間だったかのウォークマンを数年前の高くないモバイルバッテリーを使って約3時間でフル充電

しかもまだ余裕綽々
予想はしていたが少し驚いた
(この後、コンデジ、ルーター、携帯にフル充電かまして尚余力があった
とうとう充電する物がなくなってしまった( ゜ε゜;))


大地と渡島半島の山々を眺めながら高速進行










森から駒ヶ岳
20190416212341a09.jpg
こちらも相変わらずの鮮やかさ


東日本の特急チャイムから北海道新幹線の利用案内放送が流れた
( ゜д゜)ハッ!




やはりというか、「藤城線」の勾配に喘ぐ
鉄道が勾配に弱いのを差し引いても、高速仕様の新鋭機には辛いところか










201904162127079db.jpg
大沼は太陽に照らされ、キラキラ輝いていた



新函館北斗が近付くと何人かは乗換の準備を始めた
出立前の予定では俺も同じなのだが、時間が余るのでボックス作って終着まで遣り過ごす事にした

列車はこの駅を利用してスジを大きく取り戻した



七飯で2つの函館本線が合流
列車も高速進行
この特急の優雅な時間も後1本の列車を残すのみ









20190416212707b11.jpg
五稜郭も少し淋しい感じがした


16:07 函館着
合間30分
海辺はいつでも風が吹く

連絡船時代を想像…












・函館 16:37発 →函館本線.新函館北斗
17D 特急 スーパー北斗17号 札幌行

先の列車の折り返し

時間帯が良いのだろう、五稜郭から少々賑わった
キハ261系8両はこの為の送り込みか


雄大な北海道もこれで見納め


16:54 新函館北斗着

大橋俊夫さん
今日までどうもありがとう

さようなら北海道
(´;ω;`)ノシ














2019041621270759f.jpg
・新函館北斗 17:25発 →北海道新幹線.新青森
38B はやぶさ38号 東京行

E5系10両U20編成は17:10入線
コンセントが窓際と妻面にしか無い、今や少し古い車両になってしまった

事前のシートマップを見る限りはスッカスカ
新青森までノンストップなのでボックス余裕
しかし先までの北海道特急に比べて左右が狭い


「北海道線特急オプション券」
はこの列車の56分乗車を以て御仕事終了となる

このきっぷのお陰で新幹線もそんなに苦痛じゃなかったし、寧ろありがとうJR北海道











20190416212707b8a.jpg
…本当に「お別れ」な気がしてきた


当たり前ではあるかもだが、青函隧道に入っても海底という気がしない
在来時代は想像を膨らませたりしたもんだが

そんな末期の「はまなす」の自由席の時代を思い出しながら隧道を味わい、2つの「元」海底駅を眺めて抜けた
イルカさんの「なごり雪」が合いすぎたw

数年振りの北海道は愉しい事だらけでした


18:21 新青森着
こんにちは本州
ちょいと冷える

10分乗換











201904162127073b0.jpg
・新青森 18:31発 →奥羽本線.弘前
678M 普通 弘前行

運転士が教導付きの701系3両編成は帰宅客にジャストミート
つーか、ノー空調が逆に暑い
(;´д`)ゞ!

時折開く押しボタン式ドアから入る空気が快適で


五能線との接続駅、川部で座れるほど降りた


19:08 弘前着
12分連絡は目の前の列車










・弘前 19:20発 →奥羽本線.大館
1680M 普通 秋田行

先と同じ701系が2両でも空席あり
今日のラストランナー
40分強

先の列車と合わせても名実共に「通勤電車」


外を見ても見事に無灯
ネットも日課はほぼ終り
北海道の終了は俺の終了なのだろうか?

麦茶旨い
ε=( ̄。 ̄ )


20:04 大館着
大概がここで降りた
駅前はかなり閑散…


そんな今夜のお宿は駅から5分足らず?
「ロイヤルホテル大館」
るるぶ予約+14日前10%引き
¥4,330









おお、部屋広いな
201904162127075fe.jpg
温泉あるらしいんで浸かって酒呑んで寝ます



今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ


関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2019/04/16(火) 21:01:19|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大館の盛り方はダテじゃなかった!! | ホーム | 旭川の朝はカムい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/3498-a5282668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (93)
鉄旅 (1037)
仕事 (4)
鉄道 (540)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (159)
切符 (183)
鉄道風景 (335)
Nゲージ (1071)
ちょっとお出掛け (177)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (5)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (38)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (22)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR