僕様の徒然なる隠れ家 俺旅2012in新年度 ~ザ・観光Ⅱ 箱根で一泊!~ 後編
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

俺旅2012in新年度 ~ザ・観光Ⅱ 箱根で一泊!~ 後編






3連休の2日目である
そうでもなければこんな事はしない

温泉付格安ビジネスホテルともとれる
「B&B パンシオン箱根」

朝風呂温泉と無料朝食を堪能したら10:45頃にチェックアウト


曇天下
バスのルートとかもよくよく調べちゃいねえので徒歩徒歩歩く



・箱根登山バス
二の平 10:11発 湿生花園前行
此処の方々は「箱根フリーパス」ばかりだ


で強羅駅前着



・箱根登山ケーブルカー
10:20発 強羅→早雲山

此処からの行程
以前来たのは10年以上前だ

大分観光客
高年な方々や外人な方々や…

混んでるし座席も簡素だし座んなくても良いや
という事で車椅子スペースが立つにも便利


10:30 早雲山着



・箱根ロープウェイ
1分間隔の運行だとか
SA3A1224002.jpg

大湧谷駅の手前が一番の見所か

とんでもねえ高低差
もくもく発生する硫黄煙
ここから終点迄まとわりつく硫黄臭

同乗の女性客
「怖い~見らんない~」


大湧谷で一旦乗換
芦ノ湖が望める様に


11:00頃 桃源台着



・箱根海賊船
桃源台港 11:20発 箱根町→元箱根港行

海賊船風にアレンジした一種の遊覧船
2階の一部は別料金の特別船室


1階に着席
船自体は速め
見た目はゆっくり

左右に広がる緑の湖面の緑の山々の景色

久々にマジゆっくりゆったり
「こんなの無いなぁ~」w


此処で打撃
軽く酔った
気付いたら「揺れる」というより「うねる」

12:00 元箱根港着
良く分からないのでちょい徒歩

途中、並木と砂利の路を見付ける
SA3A1244.jpg

恩賜公園とやらに辿り着く



・箱根登山バス
恩賜公園前 12:22発 箱根町行
直ぐに箱根関所前を通過


直ぐに箱根町着


パンフレット見て乗りたくなったバス
約1時間後の発車

昼飯時ではある
腹減った
付近のレストランは此方の足元見た様な値段

「あつあつ鍋焼き鴨南蛮うどん」
¥950

謂わば「鍋焼きうどん定食」
肉もダシも美味い

お腹一杯



・箱根登山バス
箱根町 13:30発 桃源台行

海賊船乗ってりゃ着くんだが、別ルートも見たかった
酔うかもだし

…が
有料道路たる「芦ノ湖スカイライン」
を弾ける様に左右に揺れる

…コッチで良かったのか?


流石はスカイライン
勾配も中々急でガンガン高度が上がる

途中の展望スペースで停車
姨捨を思わせる景色を堪能させてくれた

富士山は見えなかったが
多分うっすらと海が


13:56 桃源台着



・箱根ロープウェー
今度は各駅下車してみる


姥子
何も無い

…が初代.二代目のロープウェー車両が屋外に展示
SA3A1249.jpg

現在のは三代目とか四代目だろうか
(片扉車と両扉車がある)


大湧谷
やはり此処が見所か

各所で名物の温泉たまご
「黒たまご」を売っている

「たまご茶屋」とやらが10分程歩き登った所にある

その道の途中にフェンス屋根がある
その頭上にロープが張られている
そのたまご茶屋辺りと大湧谷駅付近をロープウェーの要領で荷渡しをしていた

道中は中国だか韓国系の観光客も沢山だ

茶屋周りは大分硫黄煙モクモク
硫黄臭に鼻をハンカチで押さえる女性も
SA3A1253.jpg


温泉ぽいのが湧いている
正に「硫黄地獄谷」か


看板見てみると
「煙とか若干有毒、喘息の奴とか気を付けろ」

…おい


見るだけ見たら早雲山迄帰る
大湧谷-早雲山はやはり地獄谷側が見応えある



・箱根登山鉄道線ケーブルカー
早雲山 15:16発 強羅行
やはり混み混み

乗務員の主な仕事はドア開閉とボタン押して自動放送操作


15:26 強羅着
ただ乗換



・箱根登山鉄道線
強羅 15:38発 普通 箱根湯本行
箱根登山鉄道2000系3両編成

何か面倒なのでロングシート
多少寝る


16:20 箱根湯本着

今日現地での〆は温泉で仕上げ
僕様的に箱根温泉と言えば
「早雲足洗の湯 和泉」
¥1200

今回は露天.洞窟.打たせ+足湯がある側だ
じっくり浸かって休憩室のリクライニングシートでゆっくり仮眠


18:30頃出立
途中の橋から見る川の景色はお気に入りの一つだ
SA3A1257.jpg



・箱根登山鉄道.小田急小田原線
箱根湯本 19:00発 特急ロマンスカー
はこね44号 新宿行
小田急50000形VSE10両編成
2号車7番A席 進行方向右側

久々のVSEだ

デビュー当時
初めて乗った時には、JR九州に匹敵する、東日本最高のクオリティーだ、と感動したものだ

国内普通車としてはトップクラスの広いシートピッチ
連接台車を使用し、抑揺性を向上
カーペット敷きの床
シートサービス
木材をふんだんに使用した客室
高級感溢れる明るいドーム型の天井と照明は「動くパーティー会場」を思わせる

コストパフォーマンスを鑑みれば、今尚国内トップクラスの一角に食い込めるクオリティーを誇る小田急のフラッグシップトレインだ

節電の為、荷棚下のLED照明を消灯
元々明るいのでこの方が良いが、それでも明るく、真っ暗の外は見えないままだ


風祭.入生田で列車行き違い
普通列車が風祭で先頭車のみドア解放してた時代が懐かしい


小田原から小田急線に入り、本厚木.町田迄を快調に飛ばす

町田からはそれ程飛ばさない


20:11 対向の多摩川橋梁で各停列車が停車したままだ


20:34 新宿定着
相変わらず人間でごった返すこの土地は嫌いだ


2日足らずの箱根旅は終了である
「泊まって温泉」
がメインと考えればまぁ普通の「旅行」


学術的にも温泉は生き物にはとても重要ですな
心身共に癒されまする

また泊まりたいぜ
そんな訳で



・俺旅2012in新年度 ~ザ・観光Ⅱ 箱根で一泊!~ 後編

「結局温泉だけか?」

まぁ「観光」ですから
(・o・)ノシ



関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2012/04/19(木) 22:41:15|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<僕様! 旅の時間ですよ! | ホーム | 箱根町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/358-a82d833d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (84)
鉄旅 (962)
仕事 (4)
鉄道 (538)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (159)
切符 (172)
鉄道風景 (335)
Nゲージ (832)
ちょっとお出掛け (151)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (5)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (31)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (17)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR