【鉄道系】僕様の徒然なる隠れ家 「【Nゲージ新製品】グリーンマックス 2024年8月9月以降新製品に西武2000系、山陽5030系、未塗装キットが登場、をしがないオッサンが酒を呑みながらダラダラと喋ります【山陽5030系】」という動画を公開しました
fc2ブログ

【鉄道系】僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ …だった筈が、Nゲージ主体になってきちゃった気がします…

「【Nゲージ新製品】グリーンマックス 2024年8月9月以降新製品に西武2000系、山陽5030系、未塗装キットが登場、をしがないオッサンが酒を呑みながらダラダラと喋ります【山陽5030系】」という動画を公開しました



「【Nゲージ新製品】グリーンマックス 2024年8月9月以降新製品に西武2000系、山陽5030系、未塗装キットが登場、をしがないオッサンが酒を呑みながらダラダラと喋ります【山陽5030系】」
という動画をYouTubeチャンネルで公開しました











2両セットがこの価格
gmkinntetusanny0ou 1
割引前のメーカー価格ですが、これは何とも男前w










動力無しの2両セットもこの価格
gmkinntetusanny0ou 2
強気にも程がありますw
…違うかw










GREENMAXさんはキットも充実
gmkinntetusanny0ou 3
自分はやりませんが、やってる人は楽しそうに見えます










実はコレもキット
gmkinntetusanny0ou 4
パンタグラフの質感が別物に見えましたが、そもそも付属していません

この辺は製品によってまちまちのようです










作例と見て良いと思いますが、塗装が上質、上手いです
gmkinntetusanny0ou 5
こういう人もいるんだなー、と




そんな動画ですが、平日の仕事終わりの暇つぶしにでも御覧いただけると非常に助かります、俺が


今回はここまで

ではまた~
(´・ω・`)ノシ
関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2024/04/25(木) 07:30:21|
  2. 動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【Nゲージ】鉄旅のお供は TOMIX 115系【鉄道模型】 | ホーム | 【Nゲージ】TOMIX 70000形GSEに何かしらのシールを【鉄道模型】>>

コメント

完成品派?いえまだキット組みますよ

生粋のキット派ではないですが、コメントさせて頂きます
GMさんの板状キットは古く(創業時)からありまして、当時KATOさんやTOMIXさんから発売されてないものを中心(特に私鉄の通勤車)に発売され完成品メーカーとは一線を画してました
私もGMさんのものを当時子供でしたが組み立てて楽しみました
子供でしたから出来は大したことはないですが、完成した時はKATOさんやTOMIXさんが全く発売してない物を持てたことに喜びを感じました
その後マイクロさんや鉄コレといった今までGMさんのキットを組み立てなければ手に入らなかった車種が彼らによって多数発売され、キットを組み立てなければ手に入れられなかった車種が楽々とキットより安価で手に入る様になり、おまけにキット製作の手間も省かれて、キット派の方々はだいぶ減少したかと思います
GMさんが完成品を発売するようになったのはキット全盛期を終え、だいぶあとになってからですね(GM製品もライト点灯など付けて完成品レベルにしてという一般の声が増えたし、GMも完成品で既存の完成品メーカーと対抗したかった)
それでもキット派がいるのは完成品より安く手にしたい人や完成品より更に細かな金属パーツを付け実車とウリ二つにしたいなどという人が数は少なくてもいるからです(実車は全て金属ですから車体こそでプラ車体で致し方ないにせよ、金属パーツ多用でより実車に近づく、Nの車体も真鍮なら実車同様の金属感がありますよね)
まぁ、それに何よりも今までキット製作に使ってきた工具類(接着剤、ピンバイス、烏口、エアブラシ、塗料などなど)を抱えてますからある程度はキットを作らないとその工具がかえって無駄になりますからね
そして、パンタと台車が別売りにしてるのは、ユーザー自身で好きなのを選べる(板状キットは指定車種でない他の車種に改造もできその際はパンタや台車も違うものを取付しないといけない)のも当然なのですが、ランナーについたプラ部品だけのキット本体と違って、台車やパンタは金属部品を使ってますから生産ラインが別であり、更にパンタですと組み立て作業、台車ですと台車枠に車輪を入れる作業という人手使う作業がありますから、そういうこともありキット本体とは別売りにしてると思いますね
なのでその組立作業工程がもし遅れたらキット本体とは同時発売できなくなるから、仮に遅れた場合には「台車とパンタは元々別売り」ですからとメーカー側には逃げ道は作れるようにしてると思いますよw
それからポスター写真のキット完成品はGMの専属アドバイザーさん(プロモデラー牛久保孝一さんなど)か店員さんが作ったものだと思いますね
明らかにポスターを見た人がスロ62系を欲しくなるような出来で製作されてますね
今はどうか知りませんが、そういった方々が作られた板状キットの塗装済完成品はGM店舗で先着数名限定で販売されたりしてました(もちろん製作費込みの価格で高価ではありました)
スロ62系は「グリーン車両なんだからクーラーなしの一般車両と同じはイヤ、クーラー位は付けて欲しい」という一般の声もあり、ならば新たなクーラー付きグリーン車として旧型客車編成に付け足して登場した車種で本来なら編成に1両か2両であるものを、「せっかくの団体旅行なのだから乗客全員豪勢に全車グリーン車で」という編成にさせました(このキットセットはそれを再現したものです)
またこれは後に登場するジョイフルトレインの始祖的な編成でもありますね
スロ62系は晩年には再改造(座席車から畳の和式お座敷車両になる)を受け、より団体色が強いスロ81系となりました
スロ81系の車体は青に緑帯で見た目はスロ62系とあまり変わりませんでしたが、水戸局に転属した編成は茶色く塗り替えられ通称ミト座として活躍しました
スロ81系は青も茶もKATOさんから完成品6両セットでどちらも発売されてました
ですがこのスロ62系座席車の6両セットは未だにKATOさんから発売されてませんね(KATOさんもスロ62を発売してかなり経つのにセットはない)、今回もGMさんはそこを狙ってきてますよね
最後尾はテールライトある車両に赤色反射板だと回送車両みたいになるので、それこそ拘りのキット派はピンバイスで穴あけ加工してテールレンズはめ込みますw(そもそも車掌車がまだいた国鉄時代だから赤色反射板の使用はおかしいかも…)
今は昔に比べると多くのメーカーから完成品の車種(それもキットより出来が良い)が増え、キットを作らなくても欲しい車両はほぼほぼ揃うようになりました
今後作る人がどれだけ減るかわかりませんが、暫くは様子を見届けたいですね
私も時間がなくて組み立てしてない、まだ未組み立てのキット(完成品ではどこもまだ発売してないもの)が家にいくつかありますが、完成品が発売される気配がないかを気にしながらぼちぼち制作を考えたい(もしも完成品発売なら多分製作しない)と思いますw
KATOさん新製品発表されましたね
  1. URL |
  2. 2024/04/27(土) 21:12:05 |
  3. センシ #VHzR4AHI
  4. [ 編集 ]

>センシさん

はー
鉄道模型自体奥が深いものですが、キットは更に深いですね

(´・ω・`)ノシ
  1. URL |
  2. 2024/04/28(日) 15:46:56 |
  3. のたね #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/6275-6f4cb161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のたね

Author:のたね
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (116)
鉄旅 (1367)
仕事 (0)
鉄道 (613)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (171)
切符 (226)
鉄道風景 (338)
Nゲージ (2238)
ちょっとお出掛け (289)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (10)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (43)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (23)
動画 (234)
国際鉄道模型コンベンション (46)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR