【鉄道系】僕様の徒然なる隠れ家 俺旅2013in平成24年度末~東北新幹線で帰る偽最長片道切符の旅 5:長岡→豊野→吉田→燕三条→新潟~
fc2ブログ

【鉄道系】僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ …だった筈が、Nゲージ主体になってきちゃった気がします…

俺旅2013in平成24年度末~東北新幹線で帰る偽最長片道切符の旅 5:長岡→豊野→吉田→燕三条→新潟~






昨晩呑んだ7-11のプライベートブランドのビール
最初は水か?と思ったが、後からジワジワ、しかもちゃんとビールしていて良かった
当然値段も抑えられておりお奨め出来る



ようやくか、大分旅の気分が出てきた気がする

行程も大分進み、別紙経由を数えると残り3行
終わりが近付く事の方が、これで良かったのかと後悔に近い念を抱かせる


天気予報.気温も低く東日本は大分怪しいらしい
真冬の格好で出てきたのは正解だった

ホテルをチェックアウトして表に出ると雪が降っていた
旅らしくて何とも嬉しくなってくる


当該列車は入線済だったが、行先幕が〈石打〉で戸惑ったが、駅員らしい兄ちゃんがコレだと説明してくれた
幕が上手く回らなかったらしい



・信越.上越線 長岡 8:29発→越後川口
普通 越後中里行
115系2両の車内は発車間際になるほど客が増えたが、それでも空席が目立つ程度

宮内で降客して車内は更に空く
上越線に入り、次の越後滝谷迄の左手に雪の絨毯の上に上越新幹線高架を見る
上越線の山に入ると降雪が濃くなった

8:52 越後川口着



・飯山線.越後川口 8:57発→十日町
普通 十日町行
キハ110形気動車が3両も連結というのに少し吃驚した

今更何だが、2人掛けと4人掛けのセミクロスシート
4人掛けはカーテン、2人掛けはブラインドタイプが設置されていた


時折、厚く積った雪の断面が見える
何層かの筋に見えてバウムクーヘンみたいだ
表面はバタークリームな感じだが
甘い物食べたい…とか思うと思考は何故か「対決列島」に行着いてしまう
朝からそれは嫌だし胃に悪い


線路、道路の他は建物と木々等、積雪より背の高い物以外は雪に埋もれている中を列車は軽快に飛ばし、エンジンの唸りとレールのジョイント音も心地好い

9:24 十日町着
途中下車
ほくほく線の高架はまるで新幹線の様だ
新幹線金沢開業後の扱いが気になる


大雪で塞がっている道もある
途中、綺麗な複合スーパーを抜けて今一度
高架下の飯山線に沿って進むと「キナーレ」の案内板
以前来たのは3年半前か

開業は10時からだが、地元の客が傍らのカフェスペース等で数人待つ中、職員が「接客5大用語」を唱えた後、9:55に中に通された


「越後妻有交流館 キナーレ」
「明石の湯」
タオルセットレンタル
¥500+200

普通の温泉に「生薬の湯」もあり効いた
上がったら無料仮眠室で1時間程寝た

目覚めたら昼飯時で、大広間でも食事出来たのだが、人のいない建物の出入口近いカフェスペースでちょっと旨いコーヒーと、ちょっと旨くて薄くね?なカルボナーラピザを食べた
¥320+620
結構満腹


少し冷えているが、外が晴れているかと思ったが、外に出たら小雪がちらついていた
風も冷えて吹いていた

軽い散策を兼ねて踏切を渡って、駅前の広場的な所が雪で埋もれているのを見て、ほくほく線の改札脇の待合室まで歩いた
待合室の「ふるさと納税」が気になった
後20分早ければ市役所に出向いて1万円納めて「お礼の品」を狙ったかもしれない

ほくほく線改札側から当該ホームに降りると学生中心にどやどや待っていた
列車は10分程前に越後川口から入線した



・飯山線.十日町13:36発→戸狩野沢温泉
普通 戸狩野沢温泉行
キハ110の単機ではボックス着席は叶わない
先頭にかぶり付いてみる
運転士がメモや何らかの紙を見ている
生真面目な人なのだろうか
列車無線が入り交信
特急はくたかの接続待ちアナウンス
13:39 発車


越後田沢から左手にまるで泥流の川
川以外は雪だが、川の淵の雪は流れで削られているのか、ひび割れて今にもポロポロ落ちそうだ

14:05 津南
駅に温泉が隣接しているのを忘れていた
2人掛けセミクロスシートに着席
各駅で少しずつ降客一方
うねうね泥流と白だらけの田舎里を見下ろす眺めは中々

14:17 森宮野原で陽射しが強くなった

全体的に丸いシルエットの枯木々と、比較的縦長い葉の付いた木々の織り成すオブジェの雪山景色は味わい深い

14:29 平滝で雪降りがマトモになり、陽射しも少し薄れた

14:57 戸狩野沢温泉着
思ったより何も無さそうなので先へ行く事にした



・飯山線.戸狩野沢温泉 15:10発→豊野
普通 長野行
キハ111+112の2両編成なら空席が目立つ
長野が近付けば混み合うだろうと見て、左手の2人掛けセミクロスシートを選択
先迄も此方の方が眺めが良かった

空に青みが見えるのに雪がちらつき、標識が風に揺られている
頭から全身を粉雪化粧した様な長野の山々は、間近の建物越しにも見える大きさだ


15:22 飯山から北陸新幹線の駅と高架を潜る
開業が近いのを知らなくても窺わせる

晴れた


蓮を出て5分程後、うねる川に沿って棚田が見えた
田の中はやはり雪で埋もれていた

進む毎に雪の気は近くから山の下半身迄無くなり、並行の川周りは枯草色の土手になっていた

豊野が近付くと左手に新幹線高架

15:53 豊野着
飯山線終了
客の混み具合の予測は外れた
長野から長野新幹線に乗ったのはいつの事だったか…


うろ覚えの話
明治位昔、長岡-長野の鉄道線建設において最短経路だった現在の飯山線のルートを計画した時、地元の方々が「鉄道が出来たら仕事が無くなる」のか「蒸気の煙が体に悪い」のか理由は忘れたが「鉄道はいらねえ」と言って、現在の柏崎回りの信越本線を建設した

…その後の隆盛振りに慌てて強引に建設したものの時既に遅し、メインルートの役割も無く、今現在迄ローカル線扱いの目にあったのがこの飯山線という話だった気が
うろ覚えね


中線にもと田町の211系10+5両N54編成が車止めを使い留置
買い物出来ないかと途中下車
印は〈とよの〉

…どうもその類いは見当たらない



・信越本線.豊野 16:26発→直江津
普通 直江津行 115系3両
俺以外もボックスは埋まっているが空席が目立つ


16:46 黒姫
窓の隙間から水気

その水気の正体はやはり雪で、妙高高原へ向かう山線は列車が雪煙を蹴散らす位降雪が戻り、窓の隙間からの洩れが酷くなり、ブラインドを半分下げたが、効果は完全では無かった


妙高高原から山腹から川を見下ろす景色を抜けると今旅一番の白一色
然し、気動車より電車の方が隙間風もあり寒い
何故にこんなか

二本木でスイッチバック
気付いたら車内は乗車率1割位か
また晴れた

脇野田で新幹線高架をアンダーパス
ぱっと見は殆んど完成している様に見えて、駅舎を含めて未々未完成

高田でチョロチョロ乗客

17:45 直江津着



・信越本線.直江津 17:48発→柏崎
普通 長岡行
115系2両で帰宅の先客もありながらボックスげっちんはラッキーだ
但し、前以てトイレしとけば良かったと後悔
右手に211系3+3+3両が留置

…今朝、俺は長岡にいなかったか?


犀潟を出ると右手のほくほく線路が上に上がり、高架になって右へカーブしてくびきへ向かって離れ、更に右手から対向線が寄り並ぶ
18:10 いつの間にか柿崎で左手に海
薄暗いが何とか見れた
然し、日本一日本海に近い青海川では眺めは困難だった

18:37 柏崎着



・越後線.柏崎 18:40発→吉田
普通 吉田行 115系2両編成
これも運良くボックスげっちん
高校生が多い
『若さか…』

街灯も少ない地方交通線は正に真っ暗
列車は只只夜汽車が如く只只走る…

19:49 吉田着



・弥彦線.吉田 19:52発→燕三条
普通 東三条行 115系3両編成

そのまま新潟行に乗り継いだ方が早いのに、この切符はやはりそれを許さない
後戻りも利かず、経路変更もままならない
18きっぷを含めたあらゆる切符より効率悪く、不自由な切符だ


流石に3両はがらんがらん

20:03 燕三条着
在来線は無人駅扱いなのか、誰もいない事に吃驚した
しかも新幹線乗換は改札→改札という扱い
立派なのは建物と新幹線だけか
その上乗り継ぎに50分弱

駅周りに目ぼしいものは無く、構内にNEWDAYSがあるのが有り難かった
時間潰しを兼ねておにぎり1個だけ喰らう
後は明日だ

待合室の傍らに10人分以上はあろう荷物群
それらしき団体は見当たらない


更に持て余したのでコンコース散策
ショーケースに伝統工芸の器だか皿だか
更に包丁.鋸に同じ金属の蓮華やらはちょっとカッコ良かった

発車10分前を切ってやる事も無いので新幹線改札入場
改札の若い兄ちゃんに切符と別紙経由の状況を示すと途中下車印を捺してくれた
…ちょっと薄いな



・上越新幹線.燕三条 8:53発→新潟
Maxとき343号 新潟行
流石に2階は夜でも眺めがある

BGMに「懐かしの東北.上越新幹線車内チャイム」
を流す
…何かが蘇りドキドキする
久々に、数年振りに新幹線が楽しい…

21:06 新潟着
目的地がどこか分からず取敢えず、と特急券に無効印を捺して貰ったものの、いきなり改札出場してしまった
在来線口で途中下車印を捺して貰い、宿泊ホテルのある東大通を聞くと出口が反対の万代口だった
東大通が「ひがしおおどおり」だというのも知らなかった

在来改札のお兄ちゃんの案内で途中、特急券持帰りが駅構内通り抜けを楽にしてくれた
ホテルに辿り着いてみたら以前泊まったネットカフェのすぐ隣じゃねーか


そんなこんなで今日のお宿
「ホテル リッチ新潟」
携帯ネット予約で
¥3.050

設備は標準的だからコレは破格
しかも「寧々家」という飲み屋の1ドリンク+お通し無料サービス券を頂いた
るるぶ万歳


…健康は気にしている!


ただ…ほら…折角…だし?
宿泊費安い上に¥829もお得だし…


「折角」だからシャワー浴びたらちょっと呑んでくる



関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/03/14(木) 21:59:43|
  2. 鉄旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新潟で居酒屋探訪 | ホーム | 十日町で あっ、サーセンw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/696-442c801c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のたね

Author:のたね
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (114)
鉄旅 (1345)
仕事 (0)
鉄道 (613)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (171)
切符 (222)
鉄道風景 (338)
Nゲージ (2153)
ちょっとお出掛け (287)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (8)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (43)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (23)
動画 (215)
国際鉄道模型コンベンション (46)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR