僕様の徒然なる隠れ家 ムーンライトを喋ろう⑥:ムーンライト信州81,83,92号
FC2ブログ

僕様の徒然なる隠れ家

鉄旅こそ我が人生! 趣味はNゲージと時刻表検索(/ω\)ハズカシーィ

ムーンライトを喋ろう⑥:ムーンライト信州81,83,92号

moblog_796c6db4.jpg
特に言う事も無くなってきましたが、「旅がしてぇなぁ…」とボヤく病気を絶賛発症中

…旅がしてぇなぁ…





SA3A1025_20130413214828.jpg
ムーンライト信州81号
新宿→白馬
ムーンライト信州83号
新宿→信濃大町
ムーンライト信州92号
松本→新宿


定期的に残っているのが「81号」だが、今でもたまに「92号」が花火関係等で設定を見かけるあたりは何とも臨時列車っぽい

まぁ臨時列車なんだが



使用車両は183,189系なのは昔から変わりは無いが、6両モノクラス編成の「妙高」用の元「あさま色」の他、
今は無き9両編成,グリーン車付随の「あずさ用」が充当された事が実績に多少バリエーションを持たせている




まずは「81号」の話

当列車がデビューしたての頃、「81号」の当日の所定は6両編成のところ、車両不具合で国鉄色の9両編成が来た
(何かスっゲエボロボロだった記憶が)
7号車辺りがグリーン車だったか、通路扱いとし、8,9号車のリクライニングシートの普通車を指定券を持った乗客に開放した

俺の席は2,3号車辺りで段階式リクライニングシートで、しかも隣席もあったのでさっさとコチラへ移動した
当然と言うか、グリーン車で過ごす輩はいた

所定が9両の編成には女性専用車の設定があった
9両編成は殆どが簡易リクライニングシートだったが、一部にリクライニングシートやシートピッチ拡大車両があり、コレまたちょっとバリエーションだった

主に金曜日に設定されたこの列車は日によって6両か9両か違った


9両編成の183系車両そのものが廃止になると「妙高」用だけでの運行となる訳だが、それは2009年の事だったろうか



090729_2348~01 090729_2349~02
それまでの9両編成の運行を残そうとしたのか、車両の送り込みの都合か、その両方かは知らないが、
183系のそれに変わってE257系特急用車両がその年の夏に、日も限定して運行した

当時のJR東日本の最新型特急車両の一つに18きっぷを活かせるムーンライトで乗れる!
そのニュースを聞いた俺はこの列車に乗るプランを実行した
時刻表ではやはりグリーン車の有無で判別出来た


090729_2352~01
車外表記は味気ない「快速 白馬」だったが、れっきとしたムーンライトとして運行した

座席には枕カバー(「モタレ」って業界用語?)が使用後でシワシワになりながらも着けられた
車内は然程混雑も無かったが、意外にもちょっと欠点があった


夜は外の闇が車内灯を窓が反射して、車窓を楽しめない
そこで頭にカーテンを被り、車内灯を遮って車窓を何とか楽しむ訳だが、最新鋭のコイツはブラインド仕様でそれが出来ないのだ

まぁ車両は快適だったしプラマイゼロ(?)か


以後、E257を充当される事は無く(だよな?)、6両「妙高」仕様限定となった訳だ




moblog_d0f0de06.jpg
座席は6号車の簡易リクライニングシート以外はリクライニングシート






moblog_a7b61f51.jpg


moblog_25f19c3e.jpg
ご覧の座席は非常用の脱出窓で、窓キセ(コレも業界用語?)のスペースが若干死ぬ
ちょっと避けたいところだ



列車は新宿を出ると甲府辺りまでチンタラ行く
その後もどちらかと言うとチンタラげで、昼行特急が3時間程度で松本まで行っちゃう訳だからこのペースは致し方無いのだろうが、
かつての急行「アルプス」のダイヤを部分的とはいえ踏襲していたとなると、「アルプス」を知らない俺は「アルプス」の走りに些か「?」である

篠ノ井,大糸線に入ったら飛ばす様になり、白馬へ到着
誕生以来、白馬着時刻が多少延びたものの、ダイヤそのものは然程変化は無い



その後の乗継パターンには当然バリエーションがあり、
南小谷で1時間以上待ち時間があるが、北陸方面へのルートがある

もう一つは中央西線から西方各方面へのルートで、
白馬まで乗り通して引き返すバージョンと信濃大町から引き返すバージョンがある

白馬までのはお好みだが西日本各地くらいはカバー出来る

信濃大町からの方が移動重視にはスタンダードなパターンで、九州到達が出来る
松本で降りても同じ列車で行くしか無いので、信濃大町折返しで列車で過ごすか、松本で多少ゆっくり(ネットカフェは健在だったか?)かはお好み
松本には松屋もあったはずだ



18や鉄道の日記念きっぷシーズンにはあっさり満席という昨今の実績は「ながら」と並んで大した物だと思う
確かにE257を除けば隣席されなかった記憶はほとんど無く、「ながら」程で無いにしても早めに予約しないと満席で弾かれる

週末運転なのも要因の一つか






「83号」は未乗
6両の「妙高」限定だったようだ
運転日が非常に少なく、縁が無かった




「92号」は2回程縁があった
都合は覚えていないが、一方は飛込みで取った

先にも描いた9両編成の2号車でシートピッチ拡大車だった
この事から183系9両編成については全くパターンが分からなかった


もう一回は水色が目に付く所謂「マリ車」
簡易リクライニングシートだったし、6両だったろう

コチラは「車内で年越し」を狙ったもので、閑散とした車内でボックスを作り寝こけた

風呂に入らないアホのおそらく18であろう輩の臭いがウザかったのを思い出した
公臭道徳は学んで守れ



現在、「信州」は基本的に「81号」のみが残る

中央本線と言えば大動脈
先にも少し書いたが、西日本への「ながら」の補完,迂回ルートとして優秀に働く
「ながら」より節約用の別途運賃も安く済む
中央西線の山線の景色も見ごたえアリだ

時間帯も働き、東海道,山陽ルートも「ながら」よりは混雑を避けられる


ネックは運転日位か

週末限定のままでもこのまま存続を望む次第だ



今回はここまで
次回は1回だけ乗った事ある列車とかをくっちゃべるですよ?

おやすみなさいませ

ではまた~
(´・ω・`)ノシ


関連記事
スポンサーサイト



鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
  1. 2013/04/14(日) 00:40:31|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ムーンライトを喋ろう⑦:ムーンライト東京,仙台,松島 | ホーム | ムーンライトを喋ろう⑤:ムーンライトながら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lm312v04.blog.fc2.com/tb.php/741-b7ffd741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カサレリアの種馬

Author:カサレリアの種馬
新幹線なんぞ女子供の乗り物よ
漢だったら快速だ!
そして(寝台)特急は漢の憧れ
http://twitter.com/#!/tanetaneumauma


普段からオープンスタンスで生きてます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (84)
鉄旅 (972)
仕事 (4)
鉄道 (538)
ライトオタク (4)
ツイート (10)
書籍 (159)
切符 (174)
鉄道風景 (335)
Nゲージ (858)
ちょっとお出掛け (158)
2015.3.14 ダイヤ改悪 (20)
北海道が嫌な件 (40)
鉄道文化の敵は誰か (28)
駅弁を喋ろう (5)
ぐるり北海道フリーきっぷ (7)
鉄道を考える (32)
四国周遊きっぷ (8)
2016.3.26 ダイ改 (8)
2018/3/13ダイヤ改正 (7)
TXリニューアル (17)

かうんと

ランキング参加中でっす (*´ω`*)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR